「2040年に人類滅亡、2020年から“変化”始まる」MITのプログラムが算出した“アポカリプスの日”が恐すぎる!

 人類の文明は2040年に終焉を迎える――MITがかつて開発したプログラムによる予想が話題になっている。また、この予測によれば、2020年にはその前兆となる大きな変化が起こるのだという。英「Express」が今月12日付で報じている。

「2040年に人類滅亡、2020年から変化始まる」MITのプログラムが算出したアポカリプスの日が恐すぎる!の画像1画像は「Express」より引用

■眠っていた報告書

 2040年に人類の文明は終焉する……。1973年のコンピュータ予測が再び脚光を浴びている。この予測は、米マサチューセッツ工科大学で作成された「One World」というプログラムによるもので、オーストラリアの当時最高速のコンピュータを使った計算結果であるという。

 このプログラムの原型は、高名な計算科学者ジェイ・フォレスター氏が作成したものだといい、人口や環境などの全地球的な問題を対処するために作られた民間のシンクタンク「ローマクラブ」が1970年代に出したレポートにも採用されているという。ローマクラブが1972年に出した『成長の限界』は、「人口増加や環境汚染が現在のまま続けば、100年以内に地球の成長は限界に達する」という内容で世界的な大きな議論を呼んだことで知られる。

「2040年に人類滅亡、2020年から変化始まる」MITのプログラムが算出したアポカリプスの日が恐すぎる!の画像2画像は「Express」より引用

 記事によると、この報告書を“再発見”したのは、オーストラリアのテレビ局ABCの番組である。この予測によると、人類の文明は2040年までに、環境汚染と人口増加の影響で世界的に崩壊するという。40年以上前の古い予測であるが、詳細に検討した結果、生活の質の低下や天然資源埋蔵量の縮小などをかなり正確に予測しているそうだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ