【閲覧注意】「自分の墓を掘る」赤ちゃんゾウが憐れすぎる! 猛暑の影響か、水を求めた「必死の自殺行為」に戦慄!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※ショッキングな内容を含みます。苦手な方はTOPにお戻りください。

20180814_elephant_06.jpg画像は、「LiveLeak」より

 アフリカ大陸南部ボツワナ共和国のチョベ国立公園で2014年10月、穴に落ちた赤ちゃんゾウが公園職員に救出される映像が撮影された。撮影者はチェコ人のパベル・メランコ氏で、ゾウの救出には100ユーロ(約1万2千円)の資金が必要になったという。現在、海外の動画共有サイト「Liveleak」で公開されている。


■自ら掘った穴に落ちた赤ちゃんゾウ

 メランコ氏は、年に3回ほどアフリカへ旅行に訪れている。この日も妻のヴェラ氏と一緒に砂漠を散策していると、20メートル先にある穴から突き出したゾウの足を見つけた。最初はゾウが死んでいるのかと思ったが、足が動いたことを確認して、ゾウの救出を試みようとした。メランコ氏は、赤ちゃんゾウは水を求めて穴を掘ったのだろうと考えている。

20180814_elephant_02.jpg画像は、「LiveLeak」より

 ゾウが穴から引き出されるまでに4時間かかった。救出されたゾウは7歳で、体重は2トンだった。

「私たちは、砂埃を吸い込みながら、熱砂を掘りました。ゾウの群れが戻って来たり、ライオンの群れがこの赤ちゃんゾウを食べようとやって来たりしないか、(救出の間中)ずっと恐怖を感じていました。私たちは、ゾウを穴から出すために丈夫な鎖を使い、それでゾウの前脚を引っ張って背中を押し上げることにしたんです。最終的に、私たちは日が沈み始めたとき何とかゾウを救出することができ、喜びと幸福で胸がいっぱいになりました。そして、家族が彼を迎えに来たりすることを期待してキャンプに戻りました」

20180814_elephant_05.jpg画像は、「LiveLeak」より
人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

5:匿名 2018年8月17日 15:51 | 返信

暑いから穴の中で涼もうとしたんとちゃうの?

4:匿名 2018年8月16日 18:00 | 返信

一組って何頭?

3:匿名 2018年8月15日 22:19 | 返信

なぜ再び象は穴に落ちたのか?
うっかり穴に落ちたのをみんなに見られて、おまけに寄って集って救助される姿を動画にアップまでされて、恥ずかしさのあまり、穴があったら入りたい思いでいっぱいだったのかもしれない。

2:匿名 2018年8月15日 22:08 | 返信

てか、穴から出しただけで水もやらなきゃそりゃ同じ運命となるだろう

1:阿修羅 2018年8月15日 20:51 | 返信

この記事こそ自ら墓穴をほっている。
象は水を求めて穴を掘っただけ。
最後まで生きようとした行為を
「墓穴を掘った」などと曲解した挙げ句
広告掲載のための商業Webサイトの記事にしたてた
鬼畜にも劣る下衆の愚行。
 
命を弄ぶ者は残虐かつ非業の死を遂げるだろう。
地獄で鬼が待っているぞ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?