剛力彩芽がついに広告代理店の「要注意人物リスト」入り!? 「扱いづらい…」もう“ZOZO専属女優”になるしか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

ayamegoriki23.jpg画像は、『剛力彩芽』SMR

 女優の剛力彩芽の迷走が止まらない。12日夜、インスタグラムで恋人のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」前澤友作氏と“ラブラブ生配信”を行ったのだ。同日、前澤氏は自身のインスタグラムで剛力との飲食店デートを投稿しており、「白ワイン」「馬刺し」「馬肉そうめん」など数々の料理を堪能。帰宅した剛力は「ちょっと酔ってます」とほろ酔い加減で配信を開始し、一部でヒンシュクの声が上がる前澤氏との交際について「だいぶお騒がせしていて、すみません」と詫びた。

 それでも配信する剛力の背後には前澤氏が映り込み、酔いの覚めない剛力のためにペットボトルを差し出す場面も…。冒頭の謝罪の言葉とは裏腹に、約30分間に渡りラブラブぶりを視聴者8000人の前で披露した。

 所属事務所「オスカープロモーション」は、キャラ崩壊気味の剛力を容認。その裏には時価総額1兆円男の前澤氏と「一緒にビジネスしたい」という皮算用が働いていると噂される。スポーツ紙記者の話。「現場スタッフは暴走気味の剛力に顔をしかめていますが、K社長がソロバンを弾いていますからね。当分、この調子でしょう」

 だが、そうこうしているうちに剛力の立場が危うくなっている。「広告代理店各社が剛力さんを“要注意人物”としてリストアップしたそうです。前澤さんのイメージが強すぎて、他のクライアントは手を出しづらくなってしまった。“CMをとってナンボ”の女優としては致命的です」とは週刊誌デスク。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年10月19日 03:52 | 返信

抜けた穴なんてないよ
剛力さんを選んだマエザワ社長に
誰も嫉妬してません

1:匿名 2018年8月15日 20:41 | 返信

ゴウリキーにまだそんな価値があったんだねー

知らなかったよー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。