• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

「女性は男性に比べ、地図を読めない人が多い」これは単なる女性への偏見ではなく、学術的な調査でも明らかになっている傾向である。だが、その原因は、もしかすると属する文化の女性に対する偏見にあるのかもしれない。全世界で55万人が参加した最新研究は、男女が公平な国ほど地図を読む能力の性差も小さくなっていることを明らかにしている。今月9日付の英紙「Daily Mail」が報じている。

0814map-1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用


■地図を読めるかゲームで測定

 人間の空間認識能力は年齢と性別、そして文化によって影響を受けることが知られている。英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンと英イースト・アングリア大学の最新研究によれば、アメリカやイギリスなど男女の格差が少ない国ほど「地図を読む力」の男女差も少なく、ナビゲート能力の高い女性も多いことが明らかになったという。

 研究者らが解析に用いたのは、「Sea Hero Quest」というゲームのプレイデータである。表示される地図を覚えてボートを操り、チェックポイントを順番通りに通過したりボスを見つけたりするというゲームで、スマートフォン向け(iOS版Andoroid版)とVR端末向け(Oculus版)が無料で提供されており、すでに全世界で300万人以上がプレイしているという。

0814map-2.jpg
画像は「App Store」より引用

 このゲームはドイツテレコム社が世界各地の様々な人々の空間認識力を計測する目的で製作したもので、プレイデータはアルツハイマーや認知症の学術研究に利用されるという。今回の研究では、全世界57カ国の55万8143人分のデータが分析の対象となった。なお、ゲームのダウンロード数が少ないのだろうか、残念なことに日本は今回の研究対象国に含まれていない。

 解析の結果、全ての国の人々が歳を重ねれば重ねるほど(18~60歳にかけて)空間認識能力が段階的に低下していること、そして社会における男女間の不均衡を示す「ジェンダー・ギャップ指数」が高い国(男女間の格差が小さい国)ほど、空間認識能力の男女差も小さい傾向が明らかとなった。

0814map-3.jpg
画像は「Current Biology」より引用

「我々の発見は、空間認知能力における男女差は固定されたものではなく、社会における女性の役割といった文化的な環境に影響を受けることを示唆しています」(論文の筆頭著者アントワーヌ・クトロ氏)

コメント

4:匿名2018年8月22日 19:26 | 返信

軽度の識字障害のある私は、文書の周りに画像があったり
色がついてたりすると読みやすい
女の人は地図よりも言語で、「〇〇通りを進んで建物が見えたら
曲がって」なんて示されたら、男の人より目的地にたどり着ける
地図は理屈の感覚で描かれてかわいくないから、人間的な主観でないから
女の人は、読む気にならないってのもあるかもしれない気もする

3:匿名2018年8月17日 13:06 | 返信

地図は努力で読めるようになり、読解力も男性よりも優れたものが出るかもしれませんが。
車の運転に関してはどう努力してもダメだね。今日も高速で巻き込まれるところでした。
空間認識が欠落してんじゃないの女?

2:匿名2018年8月17日 10:09 | 返信

女性は歴史的に男女格差で虐げられてきた結果、
地図を読めなくても、空気を読むのは上手になった。

1:匿名2018年8月17日 09:28 | 返信

いや空間認識能力と地図を読むのはほとんど関係ないじゃん

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。