著名陰謀論者アレックス・ジョーンズのツイッターも遂に凍結される! FB、YouTubeに続き…言論統制に海外メディアも疑問の声!

著名陰謀論者アレックス・ジョーンズのツイッターも遂に凍結される! FB、YouTubeに続き…言論統制に海外メディアも疑問の声!の画像1画像は「InfoWars」より引用

 米超保守派メディア「Infowars」の設立者である“陰謀論者”アレックス・ジョーンズ氏のツイッターアカウントが凍結され、大きな話題になっている。

 ジョーンズ氏の名は日本ではあまり知られていないが、自身がホストを務めるトークラジオ番組「The Alex Jones Show」は、全米で100以上のラジオ局が放送。そのYouTubeチャンネルの視聴数は5億以上という超有名人だ。ただし、マスメディアにおける彼の評判は良いとは言い難い。ミシェル・オバマ前大統領夫人が男性だと発言したり、政府による気象操作、911アメリカ同時多発テロにまつわる陰謀論を主張していることがその原因だ。

 そうしたなか、今月6日、フェイスブック、ユーチューブ、アップル社のポッドキャストがジョーンズ氏の番組チャンネルを停止・削除した。ただ、この時ツイッター社だけは同調せず、同社CEOのジャック・ドーシー氏はその理由を「ジョーンズ氏はツイッターのルールに違反していない」からだと説明した。

著名陰謀論者アレックス・ジョーンズのツイッターも遂に凍結される! FB、YouTubeに続き…言論統制に海外メディアも疑問の声!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 フェイスブックなどは、ジョーンズ氏の「ヘイトスピーチ」をアカウント停止の理由としたが、その曖昧な基準に対し、海外メディアからも疑問の声が挙がっている。このような曖昧な基準では、いかなる発言に対しても「ヘイトスピーチ」のレッテルを貼ることで排除することがまかり通ってしまうからだ。

 しかし、今週火曜日、遂にジョーンズ氏のツイッターアカウントが凍結されてしまった。米紙「USA TODAY」(8月15日付)によると、ツイッター社はジョーンズ氏の個人アカウントを一週間凍結することを発表。その理由は「暴力の増長に反対する同社のルールに違反しているから」だという。