• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

■終末予言は人類史と共に

 今年こそ世界が滅びる――。近年、ノストラダムスやババ・ヴァンガ、宇宙人からのメッセージ、その他の原典を引用してこう訴える予言が毎年のように現れてくる。実は、この種の終末予言の歴史は長く、古くは紀元前にバビロンの神官にして占星術師でもあったベロッソスも、「すべての惑星が山羊座と蟹座に集まる時に世界が滅亡する」と予言していたようだ。しかし、毎年同じような滅亡予言が繰り返されるようになったのは、日本では2010年代に入ってからの現象と思われる。

CBA_1.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

とはいえ、ここ日本でも特定の年に世界が終わるという予言はいくつか記録されている。 鎌倉時代には、仏教に根ざす末法思想が広がり、日蓮も「外国の侵略で日本が滅ぶ」と予言したことがある。1910年には「ハレー彗星の接近で地球が滅ぶのではないか」と騒がれたし、新興宗教大本の一派は、「1921年に立て替え・立て直しが起こる」と主張した。1973年に五島勉の『ノストラダムスの大予言』がベストセラーになり、1999年に人類が滅びるという主張が広まると、多くの自称研究家や予言者が出現、我も我もと便乗予言を垂れ流した。


■日本UFO史の“黒歴史”、「リンゴ送れ、C」事件とは!?

 さて、こうした日本の終末予言の歴史に名を残す大騒動をご存知だろうか? 「CBA事件」あるいは「リンゴ送れ、C事件」と呼ばれるものだ。これは、1960年あるいは1962年に地球の地軸が傾いて人類の大部分が死滅するという予言で、日本のUFO研究団体である宇宙友好協会(CBA)が広めた。他の幾多の終末予言と同様、予言の日時が遠く過ぎた今となっては、事件を記憶する者は少なくなり、当時のCBA関係者がこの事件に言及することもほとんどない。しかし、当時の日本UFO界が受けた衝撃は大きく、いわば、日本UFO界の“黒歴史”となっているのだ。

CBA_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 事件の主体となったCBAは、1957年8月に設立された民間UFO研究団体で、設立者の中には宇宙人とのコンタクトを願う者が多かった。機関紙「空飛ぶ円盤ニュース」で、主に海外の事件を紹介する一方、アメリカのコンタクティーであるジョージ・アダムスキーや、ダニエル・フライなどの著作を次々に翻訳出版し、一般にも販売していた。CBA事件の発端は、こうした翻訳出版活動の一環として、CBA代表の松村雄亮がスタンフォード兄弟の著書『地軸は傾く』を翻訳出版したことだった。

 レイとレックスのスタンフォード兄弟は、1954年頃から友好的な宇宙人スペース・ブラザーズとテレパシーでの交信を始めたと主張するアメリカのコンタクティーで、『地軸は傾く』は1958年に出版された。原著には「1960年に地軸が傾く大変動が起きる」と記されていたのだが、さすがにCBAもこれをこのまま訳出するかどうか迷ったらしい。

 そこで、まずCBAが原著者にこの点を確認したところ、「私の会っている宇宙人はいまだかつて嘘を言ったことはありません」との返答を得た。それでも確信が持てなかったCBAは、直接宇宙人に確かめてみようということになり、1958年6月27日、筑波山上空に松村代表以下の幹部が何人か集まってUFOを呼び出したところ、それらしきものが飛んで来たという。しかし、肝心の年号については、参加者のうち2名の者の頭に1962という数字が頭に浮かんだが、これも決定的ではないとされた。

コメント

6:匿名2018年9月18日 03:15 | 返信

最後まで読んでなかった!
本当に林檎もぎれビームの元ネタだったのか(笑)

5:匿名2018年9月18日 03:13 | 返信

りんご・もぎれ・ビームみたいな

4:匿名2018年9月17日 01:46 | 返信

平野 威馬雄って平野レミのお父さんじゃん。
オバケやUFOに関する本やエッセイを沢山出してるけど、ビリーバーというよりは遠藤周作みたいに風変りなエンタメ趣味として楽しんでるスタンスだよね。
新聞で報道と言っても実際は文化欄での話題、おもしろ記事としての扱いだろう。

3:匿名2018年8月18日 20:52 | 返信

今年こそ滅びるってw毎年毎年滅びる言ってたら、そんなん予言とは言わないですよねwそりゃいつかは滅びるよw

2:匿名2018年8月18日 18:50 | 返信

1960年代に地球滅亡する話を今頃記事にされてもな~
百瀬・しんじ・白神の記事より醜いわw

1:匿名2018年8月18日 15:29 | 返信

13年式G型トラクター買いたし

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。