• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180817_eye_01.jpg
画像は、「The Daily Mai」より

 パキスタン南部シンド州の小さな村ミールプル・ハースに住んでいる男の子、ムハンマド・ジュニードちゃん(2)は、網膜芽細胞腫に苦しんでいる。

 網膜芽細胞腫は、RB1遺伝子の異常が原因で出生児1万5千~2万人に1人の割合で発症する珍しいガンだ。平均発症年齢は18か月、片目または両目が白く光って見えたり、左右の眼球の向きが合わない症状を示す。瞼が腫れることもある。

 英紙「The Daily Mail」によると、ジュニードちゃんは左目に網膜芽細胞腫を発症し、視力に悪影響が出ているという。現在、ジュニードちゃんの両親はたった一人の息子を治療するため、必死に助けを求めている。父親のアーズ・ムハンマド・デアさんは、「ジュニードは普通の赤ん坊として生まれました。しかし、1歳になったとき、いつも泣くようになったんです。そして、ジュニードの左目で腫瘍が大きくなり始めました」と言う。

 まず両親は、ジュニードちゃんを民間療法の施術者である「ハキム」のもとに連れて行った。アーズさんは毎日賭博で2ポンド(約280円)に満たない金を得て、ハキムに痛み止めの薬を処方してもらった。しかし、ジュニードちゃんの左目の腫瘍は肥大するばかりだった。

 両親はジュニードちゃんの健康状態を心配していたが、パキスタン最大の都市カラチの病院に連れて行くだけの費用がなかった。そこで、ジュニードちゃんの祖父はアーズさんに約32ポンド(約4500円)を手渡した。アーズさんは妻のビルクイス・デアさんと一緒にバスに乗り、村から約150マイル(約240km)離れたカラチのジナ・ポスト・グラデュエイト・メディカル・センターへジュニードちゃんを連れて行った。

 病院で、ようやくジュニードちゃんの病気が特定された。診断結果を耳にしたアーズさんたちは大いに驚き、同時に嘆くことしかできなかった。

「私たちは現地に宿泊するだけのお金を持っていなかったので、3週間も病院の近くの歩道で夜を過ごしました。その期間、妻が結婚指輪を売っても、ジュニードの治療費を捻出することはできませんでした。お金が完全になくなると、私たちに残された選択肢は村に帰ることだけ。政府が可哀そうな息子を助けてくれることを願っています」(アーズさん)

 しかしそんな時、バス停でアーズさんたちの姿を見かけた地元の社会活動家サーウォー・ジョキオさんが、治療費を集めようとソーシャルメディア上でキャンペーンを開始してくれた。

「私が彼らに出会ったとき、彼らは悲嘆に暮れていました。私はジュニードちゃんの写真を友人の医師に見せました。友人たちは、ジュニードちゃんは網膜芽細胞腫を発症しているので、できるだけ早く治療を受けさせなければならないと言っていましたよ。私は、ジュニードちゃんの写真をソーシャルメディアで公開しています。ジュニードちゃんができるだけ早く大病院で治療を受けられるように、十分な資金が集まることを願っています」

 そう語るサーウォーさんは、ジュニードちゃんとその両親にとっては希望の光である。人々の善意によってキャンペーンが成功し、ジュニードちゃんが治療を受けられることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:匿名2018年8月18日 00:10 | 返信

き、鬼太郎!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。