• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

――芸能記者兼・テレビウォッチャー加藤のコラム

41-8n3c5GQL._SX385_BO1,204,203,200_.jpg
画像は、『新垣結衣 写真集 まっしろ』(小学館)

 俳優は呼ばれない限り仕事ができない。美形であれば若いうちにもてはやされる。昨今はティーンズ恋愛作品などが濫作され、10代から20代の俳優は重宝される。しかし、20代から30代となるとライフステージが変化するため、俳優たちも今までとは違う演技が求められる。

 特に女性は結婚、出産などさまざまなライフイベントが待っている。女優もかわいいだけでは生き残れない。アラサー女優たちは今、大人の役柄へとシフトチェンジが迫られている。

 かわいらしさでは日本トップクラスの女優・新垣結衣はヒット作に恵まれている。ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は映画化されており、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)もシリーズ化。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)は社会現象を起こすほどの大ヒットだった。
 
 柔和な顔立ちと声をしているが、基本的には真面目な性格の役柄が多い。吉永小百合&八千草薫路線に乗れれば一生安泰である。

 吉高由里子もかわいい系優等生女優だ。NHK連続テレビ小説『花子とアン』、ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)、『正義のセ』(日本テレビ系)など、どれも役柄のキャラクターは似ている。一昔前は菅野美穂がこの感じの役柄を務めていた。本人は永作博美を目指しているようだが、たしかに永作のような狂気が前面に表れてきたら、役柄の幅も広がるのではないかと思う。

 優等生でもインテリ系の役柄が多いのが石原さとみだ。ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)、『アンナチュラル』(TBS系)などもあるが、印象に残っているのは映画『シン・ゴジラ』で演じたアメリカ大統領特使のカヨコ・アン・パタースン役だ。真顔でルー大柴のような話し方をしながら演じていた石原。ある意味一皮剥けたといってもいいのかもしれない。極めれば桃井かおり方面の道筋も見えてくる。

 おとぼけ優等生という独自の路線を進んでいるのが綾瀬はるかだ。ドラマ『JIN-仁-』(TBS系)や映画『海街diary』などのシリアスな役もあるが、映画『ハッピーフライト』やドラマ『ホタルノヒカリ』などのコメディエンヌとしての立ち位置も演じられる。見た目とは裏腹に、案外器用貧乏なのかもしれない。薬師丸ひろ子のように主演から助演も演じられる女優になるのか。片平なぎさのようにサスペンスの女王となっていくのか。可能性は広がっている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年8月19日 08:55 | 返信

「大竹しのぶのような」って言ってる時点で「自分はおっさんです」と言ってるのと同じ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。