• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

SMAP

,

ジャニーズ

,

新しい地図

,

稲垣吾郎

91cL36IgVKL.jpg
画像は、映画『クソ野郎と美しき世界』

 テレビ業界が大注目しているのが、元SMAP稲垣吾郎が出演しているフジテレビのスペシャルドラマ「ほんとにあった怖い話―夏の特別編2018―」(18日放送)だ。視聴率ももちろんだが、世間の反応に注目している。

 退所した元SMAP3人は地上波からどんどん姿を消している。そのため稲垣がレギュラー出演している「ほん怖」も今年はないかもといわれていたが、無事に放送が決まった。

 制作会社関係者は「毎年、高視聴率を出しているドラマですから、フジとしても、『何とかやりたい』という願いをジャニーズの方に出したそうです。事務所を辞めたタレントが地上波に出ることに、いい顔はされないでしょう。でも、ここでジャニーズが稲垣のドラマを打ち切ったとなれば、ジャニーズに対する世間の風当たりも強くなり、ますます“ブラック企業扱い”される可能性もあるので、OKを出したのです」と明かす。

 SMAPが解散に揺れていた2016年1月、「SMAP×SMAP」で、残留を決めていた木村拓哉がドヤ顔で仕切り“造反組”が生謝罪させられた。お葬式のような黒スーツで、神妙かつ悔しさが入り混じっていた造反組の表情が印象的だった。

 プロダクション関係者は「その“公開処刑”と、長年、ジャニーズ事務所を儲けさせてきたSMAPのマネジャーをあっさり“クビ”にしたことで、ジャニーズにはブラック企業のレッテルが貼られたんです。イメージがすべての芸能界で“ブラック”な印象はまずい。それ以降はブラック企業イメージを払拭すべく、タレントに甘くなりすぎたぐらいで、タガが外れたかのようにNEWSとかは遊んでますよね」と指摘する。

 いずれにせよ、稲垣の「ほん怖」を潰して、ジャニーズがブラック扱いされるのを危惧して、地上波放送を許したのだろう。

 久々の地上波ドラマにSMAPファンが喜ぶのは当然のことだろうが、それ以上にテレビ業界が興味を持っている。

関連キーワード

SMAP

コメント

2:匿名2018年8月19日 18:31 | 返信

ジャニーズ事務所を退社した人を起用するのにジャニーズ事務所の顔色を伺う事がそもそも変だろ

1:匿名2018年8月19日 08:49 | 返信

今は ジャニーじいさんの神通力がなくなって
小姑メリー婆&娘 ジュリーが仕切ってるんだろ?
いっそのこと
ジャニーズ事務所→〈ジュリーs 事務所〉に変えてしまえwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。