いまだに共演NG? YOSHIKIと布袋寅泰…絶縁状態が囁かれた芸能人4組!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1808_zestuen_01.jpg画像は、「ファンキー加藤」オフィシャルブログより

 2010年に謹慎して以降、いまだに相方の“ザキヤマ”こと山崎弘也(42)と共演を果たせないでいるアンタッチャブル・柴田英嗣(43)。

 しかし柴田には、ファンキー加藤(39)というもう1人絶縁状態になっている相手がいる。加藤は柴田の元妻と不倫をして大きな騒動に。2017年2月放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演した柴田は、元々は友人だった加藤との仲について聞かれると「もう付き合いはないです。無理です」とコメントしていた。

 そこでこの記事では、柴田と加藤のような絶縁状態にある芸能人たちを紹介していこう。


●花田虎上と貴乃花親方

1808_zestuen_02.jpg画像は、「花田虎上」オフィシャルブログより

 まずは花田虎上(47)と貴乃花親方(46)。実の兄弟である2人だが、95年に行われた取り組みで貴乃花があっさり花田に負けたことから確執が生まれたと言われている。この取り組みで2人は、八百長疑惑を持たれてしまうことに。

 18年3月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に花田が出演した際は、貴乃花の連絡先を知らないと告白。さらに「過去の弟は知ってますけど、今の弟はわからない」と絶縁状態にあることも明かしている。一方で八百長疑惑が持たれた95年の取り組みについては、「八百長はしていないし、僕は死んでもやりません」「そこまでする必要はない」ときっぱり疑惑を否定していた。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。