【閲覧注意】目をえぐり、頭に穴、斬首も… 鶏の惨殺体が大量遺棄される異常事態! 沖縄で進行中の凶悪すぎる動物虐待事件に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント12
関連キーワード:

,

,

,

■傷ついた鶏たちに残酷すぎる仕打ち!

 何はともあれ、まずは次の動画をご覧いただきたい。ショッキングな映像であるが、しっかりと目に焼き付けてほしい。

動画は「YouTube」より

 ひどく痛めつけられ、無惨にも遺棄された鶏たち――。この映像は、沖縄県で闘鶏によって傷ついた鶏たちの保護活動に取り組む本田京子氏によって撮影された。今年1月から、本田氏の自宅前には闘鶏により傷つけられた鶏たちが何者かによって遺棄される事件が続いている。その数、なんと合計80羽以上になるそうだ。本田氏は、「クックハウス」というフェイスブックページで情報発信を続けているが、今月18日には、ついに沖縄を代表する日刊紙「琉球新報」もこの異常事態を報じた。

nwtr_1.jpg写真提供:本田京子氏

 闘鶏とは、ピットと呼ばれるリングで、脚に小型の刃物を括り付けた2羽の雄鶏を闘わせる競技だ。当然ながら、鶏たちは血まみれになって死に至るケースもある。闘鶏で傷ついた鶏たちに適切な治療を施さず遺棄するなど、言語道断。賢明な読者はご存知だろうが、そもそも我が国の「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」では、愛護動物(※)を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪である。違反すると、懲役や罰金に処せられる。

nwtr_4.jpg写真提供:本田京子氏

 今回の事態を受け、本田氏は警察に被害届を提出した。しかし法律上、動物はあくまで“人間の所有物”と同様の扱いとなるため、警察にとっても捜査の優先順位は低くなる。結果、犯人は現在もわからず、野放しの状態だという。そればかりか、さらに凶悪な嫌がらせまで起きるようになったそうだ。

 この話に憤りを覚えた筆者は、残忍な遺棄事件の実態を探るべく本田氏に話を聞いた。


※ 愛護動物とは、
1. 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2. その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの


■被害の当事者が語った、許し難い実態

nwtr_5.jpg写真提供:本田京子氏

――よろしくお願いします。鶏の保護活動を始められたきっかけは何ですか?

本田京子氏(以下、本田)  去年、沖縄本島北部の林道で、頭に大きな穴が開き、毛がほとんどなく血でかたまり、片目は失明している一羽の鶏に出会って、その子を保護しようとしたのがきっかけです。

――どのような状態で遺棄されているのですか?

関連キーワード

コメント

12:匿名 2019年1月26日 11:05 | 返信

もっともっと殺せwwww

11:匿名 2018年12月16日 16:08 | 返信

中共のテロ試行でしょう。
都内駅構内に人糞撒いたり、各地神社に油撒いたりして治安維持の実態を調べ、近い侵略の下調べ。

10:匿名 2018年9月12日 01:12 | 返信

記事書いている方はベジタリアンか、ビーガンだと、どこかに書いていたような‥
見ないように出来なかったので書いてくれたのですね!
ちなみに私もベジタリアンです

9:匿名 2018年9月4日 18:52 | 返信

闘鶏の胴元同士も同様のリアルファイトさせればいいんだよ
もちろんどんな目に遭おうとその後は放置でな

8:匿名 2018年8月22日 14:23 | 返信

骨折した競走馬殺すのと根本同じじゃないのコレ?

7:匿名 2018年8月22日 09:33 | 返信

沖縄の人はバカが多いから。
仕事だから捨てていいわけでもないし。

本当馬鹿。
沖縄県警も無能。

そりゃ今どき誰も沖縄なんて生きたがりませんわ。

6:匿名 2018年8月22日 09:12 | 返信

闘鶏辞めればええやんw

5:匿名 2018年8月22日 02:24 | 返信

屠殺とこういった虐待は全然違うよ。
動物愛護団体の主張も全然違うし。
解釈が自分の意見に影響され過ぎてて草。

4:匿名 2018年8月22日 01:40 | 返信

他の命とどう接していくか、ということではないか。反捕鯨の国際会議メンバーが日本の鯨供養の様子を見て沈黙したという記事があった。殺虫剤メーカーでは、毎年虫供養をしているそうだ。命の糧、生活の糧を恵んでもらっていることへの感謝の気持ちがあれば、自ずと節度をわきまえることになるだろう。節度を失えば、それはもう文化とは呼べない代物だ、ということではないか。

3:匿名 2018年8月22日 00:30 | 返信

※1
動物愛護の基本は無闇に殺傷することがないように、私利私欲のために命を弄ばないようにということ。なのに、だったらお前ら肉食わねえの?なんて言う輩がいる。飽食時代だし悪質な家畜業者も否めないし未だ儲け重視のブリーダーやペットショップもあるのも間違いないけど、食と直結させる考え方で愛護団体を批判するのはちょっと違うと思う。残念ながら詐欺まがいの悪質な愛護団体もいるんだけどね。

2:異邦人 2018年8月21日 22:50 | 返信

玉石混淆の地球人。
野蛮も進化の途上ゆえ。
闘牛、闘犬、闘鶏…… 何が面白いんだか? って人が増えていくのを待ってる未来人。 人の痛みも、動物の痛みも、地球の痛みも分かるまで学習は続くだけ……
全ては、教師か、反面教師、どちらを師とするかで進化スピードが変わるだけ……。

1:匿名 2018年8月21日 20:33 | 返信

動物愛護って、何がしたいのかよくわかりません。

豚とか牛とか鶏を屠殺してるんでしょ。
それについてはスルーして、動物が可哀想だとかなんとか???

結局、動物愛護者の主張って、
「見えないところでコッソリやってくれ」ってことですよね。

今回も、ただ単に残酷さが目に触れたから怒っているだけでしょ?
簡単なことです。あなたたちが、見ないようにしたら良いだけなんじゃないですか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?