• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

【ヘルドクター・くられが緊急寄稿!】

kurare-ap-1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 8月20日、パリで起きた同時テロ事件でも使用されたとされる高い殺傷能力を持つ爆発物「過酸化アセトン」を違法に製造したなどとして、名古屋市の19歳の大学生が逮捕されました。(NHKニュース)。

 過酸化アセトンを製造・所持したかどで逮捕されましたが、その後の捜査で、さらに強い殺傷能力を持ち、国内で製造や所持が確認されたことがない「四硝酸エリスリトール」なんてものも押収されたそうです。

 大学生の逮捕といえば、その昔、学生運動が過激化していた時代を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。黒色火薬をパイプにつめて導火線をつけた手投げ弾や仕掛け爆弾といったものが、過激派によって作られ、さらにそれらを規制するため、多くの法律が作られました。

kurare-ap-2.jpg
パイプ爆弾。画像は「Wikipedia」より引用

 その一つが「爆発物取締罰則」です。また火薬を使わずとも、高圧で破裂物を作って殺傷力のあるものを爆発させたりした場合、激発物破裂罪といった法律に違反することもあります。もともと過激派対策として作られた法律なので、非常に罪が重いのが特徴です。

 故に、爆弾・爆薬は作らない方が良いのです(笑)


■化学者も作りたくない物質

 さて、今回だけでなく、度々話題になるアセトンの酸化物。これは一体何なのでしょう?

 アセトンの酸化物はTATP、APなどと呼ばれます。この物質は爆薬として強力なのですが、実は軍用には一切使われていないのです。そこがこうしたハンドメイド爆発物の恐ろしいところ。例え法律が許したとしても、自分も一切手を出したくはないです。その理由を説明していきましょう。

コメント

3:匿名2018年10月 7日 08:30 | 返信

その過酸化アセトンを製造しました大学生は不良ですね。覚せい剤にまで手をだすとは・・・DQNの高学歴化・・・・

2:匿名2018年9月27日 14:30 | 返信

素晴らしい学生だな。おまけに市販薬から覚せい剤まで作ってしまうくらいなら、素直に優秀な学生だったんだな。
こういうのはむやみに逮捕するんじゃなく、ちゃんと保護すべきだろう。

1:トランプ大統領2018年8月23日 23:32 | 返信

ふぅ~ん。
そんなに危ないなら、大学生はどのように保管・所持していたのだ。
そして、一体何のために作ったのだろうな。気になるにゃ!

しかし、折角作ったのにばれてしまうとは不甲斐ない奴。
個人的には扱いを誤って自爆してくれると嬉しいのだがな。残念にゃ♡

爆発は大好きなので、もし、にゃんこの国が出来たら爆破実験してみたいにゃ♡
にゃんこの国にはそんな規制する法律無いから、幾らでも実験できるにゃ♡
敵を倒すための実験は必要にゃ~


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。