• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

SM

,

夫婦

,

日本怪事件

,

殺人事件

,

深笛義也

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライター深笛義也が紹介する…!

※日本怪事件シリーズのまとめはコチラ

1808fukabueSM-1.jpg
イメージ画像は「Thinkstock」より引用

 あらゆる奇妙な事件が起きる現代であっても、これに類似したケースを見いだすことはなかなかできない。101年前の事件である。

 東京市下谷区(現台東区西部)竜泉寺町に住む、大工職人である小口末吉(29)が医師の末弘順吾のところに飛び込んできたのが、大正6(1917)年3月2日午後5時頃だった。

 医師が駆けつけてみると、末吉の内妻の矢作(やはぎ)よね(23)が布団のなかでうめいている。医師が布団をめくると、すさまじい悪臭が鼻をついた。全身に硫酸を浴びせられて焼けただれていたのだ。医師が診たところ、手足の指が欠けているのが確認された。

 応急処置を施すとともに、犯罪性があるとみて、医師は坂本警察署に通報した。駆けつけた署員は、末吉を逮捕するとともに、部屋にあった硫酸の空き瓶1本、三尺棒、短刀、げんのう、きりなどを押収した。

 4日夜9時頃、よねは死亡。火傷の跡が化膿して中毒作用を起こしたものだった。よねの体は、左足の薬指、右足の中指と小指がなく、左手の薬指は第2関節から、左手の小指は第2関節から切断されていた。焼き火箸による「小口末吉妻」の文字が背中と、右腕の3カ所にあった。

 長期にわたって末吉がよねを虐待していたとみて、警察は追及した。

「俺は悪いとは思わない。監獄に入れられるのは嫌だ」
「これらの傷は皆女がつけてくれと言うからつけた。嫌だと言えば別れるという。別れるのは困るから、言われるままつけてやった」

 卑劣な弁明に聞こえたが、よねの遺体が詳細に調べられると、不思議なことが浮かび上がってきた。体に刻まれた22カ所の傷は前部と後部に並んでついている。局部につけられた6カ所の傷も左右対称に並んでいる。押さえつけたとしても、少しでも抵抗されればこうはきれいに並ばない。よねが協力しなければつけられない傷だった。

関連キーワード

SM

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。