• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180827_disabled_01.jpg
画像は、「The Daily Mail」より

 インド・ニューデリーの南約515マイル(830km)に位置する都市ジャバルプルには、人々から尊敬を集める司祭がいる。バラタ・チワリ氏(53)だ。英紙「The Daily Mail」(今月22日付)によると、5歳のとき珍しい病気にかかったバラタ氏は、体が収縮して骨が曲がり、現在の身長がたった2フィート(約70センチ)だという。

 バラタ氏は地元住民から「ベンディ・プリースト」(グニャグニャ司祭)と呼ばれ、古代の神の生まれ変わりとして崇拝されている。YouTubeで公開されている「Barcroft TV」のインタビュー動画において、バラタ氏は次のように述べる。

「他の村からも人々が私に会い来てくれ、みな一様に敬意を払っていきます。誰も私を嘲笑しませんし、むしろ尊敬してくれるので、私は彼らを祝福します。彼らは全員、とても親切です。私は子ども時代からこのような姿で、どうしてこうなったのかよくわかりません」

 現在では、自らの奇形を“神からの贈り物”と受け止めているバラタ氏だが、かつて彼の両親は息子のためにあらゆる治療を試みたという。しかし、いずれも効果が見られず、バラタ氏は働くこともできない体となった。しかし、「私は神を信じていますし、あらゆることが神によってもたらされたと思っています。この体も神がもたらしたものなので、私は悲しんだり落ち込んだりしていません。私は病気ではありませんので、悲しくないし、なんの問題もありません」と前向きに考えているようだ。

 バラタ氏は、日常生活をまったく問題なく送ることができる。「私はいつも自分で何とかする方法を見つけています。普通の人のように、どこへでも旅行します。服を洗ったり市場へ出かけたりといった日々の雑用もこなせます。自分と他人のために、お茶を入れることさえできるのです」と自信を持って答えている。

 バラタ氏の友人で寺院の所有者でもあるサジャヤ・プラギャ・バーティ氏は、バラタ氏が尊敬される理由について次のように話す。

「ヒンドゥー教には、身体に障害のある司祭の話が伝わっており、彼はそんな司祭の生まれ変わりであると信じられています。私たちは司祭をバカにしません。司祭は私たちにとって神のような存在ですから、それはもう崇拝するばかりです。バラタ氏はどんな形の助けも一切借りません。彼は自分自身に誇りを持っており、自分の仕事はすべて自分で行っています。皮肉なことに、私たちの方が時々、ガーデニングのような仕事で彼の助けを求めているほどです」

 7年にわたりバラタ氏の体調を見守ってきた地元の医師、J.K.ナルラ博士も「彼はいつも健康です。身体の異常は骨に関係があります。彼の家族は誰も彼の病気について知りません。彼は過去の診断記録も持っていません。彼は年ですから、病気が良くなることはないと思いますが、これ以上悪化することを避けたり、対策することはできるでしょう」と医学的な見地から話す。

「私は神を信じ、私は皆さんを祝福します」と言うバラタ氏は、病気にもかかわらず、地域社会で幸福で充実した生活を送っている。自らの不幸を嘆くのではなく、それを乗り越えて自立的な生活を実現し、さらには他者への祈りも忘れない――。そんなバラタ氏の姿から、我々も学ぶべきことがあるのではないだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年11月 2日 20:55 | 返信

いつも思うけど病気の人にモザイクかけるの失礼すぎ

1:匿名2018年8月28日 04:40 | 返信

病気でこのようになった人に対し、閲覧注意ってどうなの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。