• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1808_kuzuepi_01.jpg
画像は、「仁科克基」公式Instagramより

 2世タレントといえば、松田翔太(32)、(32)、神田沙也加(31)などのように親の才能を受け継いで活躍しているケースも多い。しかし、何かとお騒がせ行動を起こしているというイメージも強いだろう。

 2017年1月に死去した松方弘樹さん。その息子である仁科克基(35)は、親のお金で豪遊していたという。17年4月放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した仁科は、小学生の頃からお小遣いを年間100万円もらっていたと告白。そして中学生の時には総額5,000万円も友達に奢っていたと明かしている。この話にネット上からは、「さすがにクズすぎるだろ」「とんでもないバカ息子だな」といったドン引きの声が続出することに。

 そこで今回は、2世タレントたちの華麗なるクズエピソードを紹介していこう。


●華子

1808_kuzuepi_02.jpg
画像は、「華子」オフィシャルブログより

 まずは多岐川裕美(67)の娘・華子(旧芸名・多岐川華子/29)。以前放送された『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演した華子は、「飛行機にはファーストクラスしか乗ったことがなかった」というエピソードを披露した。仕事で初めてエコノミークラスに搭乗した時は衝撃を受けたらしく、「普通の生活を知ることができて良かった」と振り返っている。

 10年10月には仁科との婚約を発表し、翌11年1月に結婚した華子。大物2世夫婦の誕生に世間からは祝福の声が続出したが、11年末には些細なケンカから華子が家を飛び出して別居状態に。12年10月にスピード離婚を発表している。ちなみに華子も『しくじり先生』へ出演。母に内緒で芸能事務所へ履歴書を送って、母のコネで芸能界入りしたことを告白していた。

コメント

1:匿名2018年8月31日 21:51 | 返信

3世タレントは一周して真人間になりそう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。