• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「Oddity Central」より引用

 米カリフォルニア州オークランドのある町は、仏像のおかげで犯罪が82%も減少したという。

 海外ニュースサイト「Oddity Central」(8月24日付)によると、かつてオークランドの11番通りと19番通りの近隣は、ゴミの不法投棄、落書き、薬物売買、強盗、売春、暴行事件などあらゆる犯罪の温床になっていたという。しかし、ある日、地元に住むダン・スティーブンソンさんが、平穏を願って60cmほどの仏像を道路の脇に設置したところ、犯罪行為が激減していったそうだ。

 設置後すぐに不法投棄が減少、さらには地元住民がこれまで不法投棄されていたゴミを片付け始めたことで、犯罪者にとって住み心地の悪い場所になったのか、ドラッグの売人や違法売春婦も別の場所に移っていき、落書きもなくなったという。

 しばらくすると、地元のベトナム人移民が仏像にお参りするようになり、徐々にその規模が拡大。スティーブンソンさんの了承のもと、台座などが設けられ、小さいながらも立派な祠となり、ベトナム語で「平穏」を意味する「Phap Duen Tu」という名前まで付けられたそうだ。

画像は「Oddity Central」より引用

 そのような経緯で在米ベトナム人移民の「聖地」となった同地では、あらゆる犯罪がなくなっていった。地元警察のデータによると、2012年から2014年の間に、強盗は14件から3件に、暴行事件は5件から0件に、窃盗は8件から4件に、薬物中毒者は3人から0人に、売春は3件から0件になったという。

「この仏像はこの土地のアイコンになりました。仏教徒じゃない住民も多くいますが、彼らも仏像の前で犬の散歩なんかしながらご近所さんとお喋りしてます。ここは近隣住民が集う場所になっているんです。素晴らしいことです」(スティーブンソンさん)

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年9月17日 16:16 | 返信

割れ窓の前に、多くの人が注目し、よく知らない物ゆえに悪い感情を持たないという
意外性が必要だったんだな。
これは別に宗教の影響ではない。

しかし・・何だかなぁ…
今の時代、法華経でしか成仏できないってのに…。
偶像崇拝(第4の五百歳、多造塔寺堅固)のままの停滞した国がなぁ…。
釈迦の予証に沿ってもう一歩進んで時代に即せば、犯罪を0に減らせるぞ。
宗教ちゃんぽんなんて無節操をしてたんじゃ、なくならない。
一神教や神道が失敗してるのは、それがそもそも間違った教えだからだよ。

1:匿名2018年8月28日 12:44 | 返信

一神教って めんどくせぇ~
特にイスラム教 ユダヤ教 キリスト教
自分の宗教や○○派以外は認めないとか
まったく融通のきかないカタブツばかりだなw
仏教 神道 ヒンズー教 みたいに 何でも拝むアタマの柔らかさ
これが平和につながってるのかもな


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。