米スラム地区に「仏像」を設置しただけで犯罪率80%低下! 強盗、密売、売春が激減…「ブッダは中立だから良い」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

米スラム地区に「仏像」を設置しただけで犯罪率80%低下! 強盗、密売、売春が激減…「ブッダは中立だから良い」の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 ちなみにスティーブンソンさんによると、置くのはキリスト像でも何でも良かったが、キリスト教は米国内で色々と問題がある一方、ブッダは中立なので採用したのだという。非仏教徒の近隣住民が仏像を受け入れたのもそのためだろう。

 ところで、なぜ仏像の設置で犯罪が激減したのだろうか? 「Oddity Central」はその理由を解明していないが、これは「割れ窓理論」の典型的な事例だとトカナ編集部は考えた。割れ窓理論とは、建物の窓が割れていると、「住民がその場所に関心を示していない」というサインとなり犯罪の温床になりやすいという環境犯罪学上の理論だ。

米スラム地区に「仏像」を設置しただけで犯罪率80%低下! 強盗、密売、売春が激減…「ブッダは中立だから良い」の画像4画像は「Thinkstock」より引用

 今回のケースは不法投棄が「住民がその場所に関心を示していない」サインとなり、あらゆる犯罪者が集まってきたと考えられる。そして、仏像が設置されたことで住民が関心を示し、ゴミが一掃されたことで、犯罪者がよりつかなくなったというわけだ。しかし、ここまで顕著な結果が出たのは、仏像の神秘性や霊力との相乗効果もあるかもしれない。

 この小さな仏像が住民から愛されている限り、犯罪者が寄り付くことはないだろう。
(編集部)

参考:「Oddity Central」、ほか

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ