中国版・地震兵器「HAARP」が今年中に南シナ海に建設開始決定! 研究内容は秘匿…領有権問題も!?

関連キーワード:

,

,

,

 中国の最南端、南シナ海に面した海南省では新たな研究施設の建設が計画中で、年内にも着工予定であるという。驚くべきことに、その施設はなんと、あの「HAARP」と同じような機能を持つというのだ。オーストラリアのニュースメディア「News.com.au」が今月26日付で報じている。

中国版・地震兵器「HAARP」が今年中に南シナ海に建設開始決定! 研究内容は秘匿…領有権問題も!?の画像1海南島。画像は「Thinkstock」より引用

 南シナ海北部、台湾から南西におよそ1300kmに位置する海南島。ビーチリゾートとしても知られる三亜市に、現在、中国科学院による新たな研究施設の建設が予定されている。その施設にはハイパワー非干渉散乱レーダー(High-powered Incoherent Scatter Radar)という、南シナ海で最も強力なレーダーが設置されるという。その目的は、地上から50~500kmにある電離層の観測・研究であるが、実態は米国の「HAARP」と同じく、気象操作や地震を引き起こす兵器ではないかと囁かれているのだ。

 米アラスカ州にある通称HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)は、電離層で起きる自然現象の観測や電波科学を研究するための施設とされているが、その実態は世界各地の異常気象や大地震を引き起こす米軍の秘密兵器であると、かねてより陰謀論者の間で噂されている。レーダーから大気圏へと向けて発射される強力なパルスエネルギービームが、天気を制御し、多くの自然災害を引き起こしているというのである。「News.com.au」の記事では海南島の新たな研究施設が、いわば「中国版HAARP」ではないかとの疑惑を報じているのだ。

中国版・地震兵器「HAARP」が今年中に南シナ海に建設開始決定! 研究内容は秘匿…領有権問題も!?の画像2米国のHAARP。画像は「Wikipedia」より引用

中国版・地震兵器「HAARP」が今年中に南シナ海に建設開始決定! 研究内容は秘匿…領有権問題も!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで