さくらももこさん死去で波紋「西城秀樹さんを追いかけたのか…」 スピリチュアルに精通、花輪くんが“アカシック・レコード”発言も…

さくらももこさん死去で波紋「西城秀樹さんを追いかけたのか…」 スピリチュアルに精通、花輪くんがアカシック・レコード発言も…の画像1画像は、「さくらももこ」オフィシャルブログより

 国民的漫画家のさくらももこさんが、乳がんで死去したとさくらプロダクションが伝えた。享年53歳。大人気アニメ『ちびまる子ちゃん』で知る人が多いかもしれないが、実は精神世界やスピリチュアルにも精通しており、明るく楽しく不思議な世界の面白さを伝える漫画やエッセイは、多くの人々に優しい光と深い知恵を与えていた。スピ界では、スピ系の出版社ヒカルランドのロゴを描いていることでも知られている。

 さくらプロダクションは27日、「さくらプロダクションからお知らせです。」と題し報告を載せた。さくらさんの現在までの様子が書かれている。

●さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。●

 突然の訃報に、ネットでも「ショックすぎる」「さみしい…」と、悲しみのコメントがあふれ、まる子映画主題歌を務めた大原櫻子も「胸が痛い」と追悼、まる子を連載していた漫画誌「りぼん」編集長や、清水エスパルスなど、各界から早すぎる死を惜しむ声が発表されている。

 中でも、ネットでは「まるで西城秀樹さんを追いかけているよう」「同じ年に西城秀樹さんとさくらももこさんと2人の偉大なスターを失うなんて…」と、西城秀樹さんの死と並べて語るコメントが目立った。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ