• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。

JKbusiness_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

『非店舗型』JKビジネス店で働くセリカさん(仮名・17歳)

 都内の“JKビジネス”で働く少女たちを通して、イマの日本のリアルな女子高生たちの姿を描く「“JKビジネス”女子高生のリアルな告白」シリーズ第1弾。

 JR山手線沿線のとある駅で下車すると、歩いて3分ほどにある雑居ビルへと、その少女は入っていった。この雑居ビルの一室が、今回話を聞いたセリカさん(仮名・17歳)が在籍する“JKビジネス”店・Aの事務所である。この店は、電話などで予約した男性に対し、店指定の路上で、在籍女性と待ち合わせさせるという『非店舗型』の店である。

“JKビジネス〟とは、“JK(女子高生)”が男性客を相手に何らかのサービスを行う業態を指す。在籍女性の多くは18歳以下の現役女子高生で(18歳以上ながらJKを謳う店もある)、そのサービス内容は多岐に亘る。表向きは、「マッサージ」や「お散歩」、「おしゃべり(会話)」、「お茶(飲食)」が出来るといった内容だが、実際には、「裏オプ(裏オプション)」と呼ばれる“性的サービス”が横行している実態がある。客の男と従業員のJKたちは、自由恋愛の名のもと、ほとんどがネットカフェのカップルルームやカラオケルーム、ラブホテルなどの密室空間で過ごすのだから、それも必然なのかもしれない。


『高収入アルバイト』『月50万稼げる』の言葉に惹かれ…

 Aで働くセリカさんは、都立高校に通う高校2年生だ。黒髪ロングのその見た目は、AKBグループのメンバーにいてもおかしくないような清純派タイプである。Aで働きはじめて、もうすぐ半年になるという。働きはじめたきっかけは、何だったのだろうか。

「高校入学当初、バレー部に所属していましたが、先輩たちとの関係が上手くいかず、半年も経たずに退部しちゃいました。私が通う高校は、教育方針から生徒の多くが部活動に所属してました。なので、退部してからというもの、放課後の時間を持て余すようになってしまったんです。そこで、最初は時給1000円の居酒屋バイトを始めたけど、居酒屋のバイトは、シフトの都合上、休みたい時に休めなかったり、(勤務に)入りたい日に入れなかったりすることも多かったんです。それに、買いたい洋服とかいっぱいあって、居酒屋バイトだと週4日出勤で、月給は8万円くらいにしかならなくて、もっと稼ぎたいと思うようになったんです。2カ月もすると、別のバイトを探すようになってました」(セリカさん)

 彼女が飛びついたのは、“もっと自由に、より多く稼げるバイト”だったという。

 しかし、いくら求人サイトを探してみても、高校生の時給は1000円か1200円程度というのが関の山だ。なかなか希望のバイト先は見つからなかったという。そこで、今度はツイッターで“高収入”というキーワードで検索してみたところ、『高校生OK』『高収入アルバイト』『履歴書不要』『シフト自由』『月50万稼げる』『髪型、髪色、ネイル等OK』『気になる人はDM(ダイレクトメッセージ)ください。相談のります』と書かれたアカウントを発見。メッセージを送ったところ、とんとん拍子で面接までたどり着いたという。

JKbusiness_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

『違法なことはしてないから、捕まることはない』というはずが…

「最初、『JKビジネスかな?』とは思いました。ニュースでJKビジネス店の人たちが逮捕されたりしているのは知ってましたから。でも、普通に営業しているなら大丈夫なんだろうなと思って、とりあえず面接に行ったんです。そうしたら、店の人が『JKビジネスだけど、うちは大丈夫だから』って。『違法なことはしてないから、捕まることはないよ』って言ってたから、『じゃあ、やってみよう』って。まぁ、稼げるならいいかなって思ったんです」(セリカさん)

 面接の際、店側から口頭で説明されたサービス内容は、「お客さんと会話をしたり、一緒に食事をしたりする」ということだけだったという。しかし、実際に勤務をしてみると、男性客からは、半ば公然と“裏オプ”を求められるようになった。

「最初のうちは、お客さんからそういうこと(性的サービス)お願いされても、『お店からダメって言われてるんで』とか『そういうのは嫌です』みたいに断ってたんです。けど、だんだん、そういう目的のお客さんが多くて、というかほとんどのお客さんがそうなんだって分かってきたんです。最初は、手繋ぐとか、ハグとかだったらいいかなと思ってOKにしてたんです。けど、それだと、もらえるお金は1000円くらい。でも、『本番してくれたら3万円あげる』って言われたんですよ。それと、だいたいのお客さんは『みんなやってるのに』って言うんですよ。それで、“裏オプ”するようになりました」(セリカさん)

 JKビジネス店のほとんどは、表面上“裏オプ”を禁止している。風営法の適用も受けていないし、従業員が18歳未満なのだから、それは当然だ。しかし、それはあくまでも建前であって、実際には黙認していることが多いという。


“本番”への抵抗をなくす少女たち

 時給が100円か200円かの違いで必死にバイトを探していた時とは違い、30分で数万円もの大金を稼げることに気付いたセリカさん。そして、「よりお金がもらえるなら」と、常に多くの金額をもらえる“本番”が前提となっていくことに時間はかからなかった。回数を重ねるごとに、少女の“本番”に対する抵抗感はなくなっていったのだ。

「もう、一度慣れてしまったら、普通って感じですよね。時間が過ぎれば終わるし、そういうことをした方が稼げるし。っていうか、そういうことしないと、正直稼げないんですよね。料金は、お客さんにもよるんですけど、“手”で1万円、“口”で5000円、“本番”で2~3万円。それが高いのか安いのか分かんないですけど、それくらいもらえるならいいかなって(笑)。テストの時以外は、週4か週5で出勤してます。一番多い時で、1日に10万円くらい稼いだこともあります。コンビニ(のアルバイト)とかだとそんなに稼ぐの絶対にムリじゃないですか」(セリカさん)


JKはたった一度のブランド

 気になる稼いだ金の使い道については、半分は大好きな洋服とマンガに、残りは貯金しているという。高校を卒業するまでは今の店で働くつもりだと話すセリカさん。その先の進路については、「考え中」とのことだ。

 こうして、JKビジネスに手を染めることによって、働くとはどういうことなのか、お金とはどういうものなのかといったことを、履き違えて学んでいく女子高生は数知れない。果たして、自らの体で高収入を得ることを覚えてしまったセリカさんには、“JKブランド”を失った時、どのような未来が待っているのだろうか。
(文◎朝比奈ゆう)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:【JKビジネスの少女たち②】〝居場所〟を欲しがる16歳の女子高生
(関連記事:【JKビジネスの少女たち③】「追っかけ」のためなら身体を売れる
(関連記事:東京を脱出した「JKビジネス」メニューに載らない「裏オプ」とは?
(関連記事:【少女56人淫行】性病・強要・脅迫…少女売春の報道されない闇被害
【話題の記事:【貧困風俗嬢シリーズ①】30代主婦が「風俗を抜けられない」理由

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年8月30日 00:02 | 返信

またウソニュースか

4:匿名2018年8月29日 17:13 | 返信

そりゃもちろん、立派な売春婦になるのさ。立ちんぼとかしてね。
そしてある年齢になれば自らの価値が低下しているのに気付くが
もうまともな仕事なんかにつくことになんかできやしないから、
自分を安売りしながら熟女系の風俗にいくんだろうね。
あ、その前に梅毒で脳がいかれちゃうか・・・

3:匿名2018年8月29日 15:58 | 返信

手で1万円なのに口で5千円はおかしい

2:匿名2018年8月29日 11:47 | 返信

金に目がくらんでその道に入る人は、元々強欲だったって事でしょ
哀れむ必要もないし、その人にとって必要な修行なんだからほっとけばいい

1:匿名2018年8月29日 11:34 | 返信

一生フーゾクやるつもり?
こんな仕事したら もう一般企業で就職なんかできない
女事務員なら 交通費込みで月13万~15万程度だからな
わりとキレイなフーゾク嬢でも 劣化して30代後半で終了!
まともな金銭感覚と就職スキルがないから 就職すらできなくなるぞ


 

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。