少女が処女を誓う「ピュアリティ儀式」が全米で社会問題化! 父と娘が手をつないで愛を囁き「綺麗だよ」を連呼

 最近、アメリカの少女たちの間で「処女の誓い」が流行しているという。アメリカ人少女の実に6人に1人が「結婚するまで処女でいる、純粋(ピュア)でいる」という「ピュアリティ」を父親と共に誓う儀式「ピュアリティ・セレモニー」に出席しているというのだ。

少女が処女を誓う「ピュアリティ儀式」が全米で社会問題化! 父と娘が手をつないで愛を囁き「綺麗だよ」を連呼の画像1セレモニーを行った父と娘の記念写真。画像は「The Guardian」より引用

■社会問題化している未成年の妊娠・出産

 アメリカは先進国の中で最も10代の妊娠・出産が多く、社会問題となっている。NGO団体「ガットマッチャー協会」によると、2014年に妊娠した15歳~19歳のアメリカ人女性は61万5000人以上にも及ぶという。人種別に見ると、ヒスパニックの少女の妊娠率が最も高く、続いて黒人、白人と続く。もちろん大半が想定外の妊娠だが、宗教上の理由もあって中絶率は26%と低く、妊娠した少女たちのおよそ60%が出産する。

 貧困層に育つ少女たちが妊娠・出産すると、進学を断念しなければならず、生活苦に陥り、負の連鎖から抜け出せなくなってしまうのはアメリカでも変わらない。若者に人気のテレビ局『MTV』で放送された、妊娠・出産した16歳の少女たちの日常を追ったドキュメンタリーシリーズ『16 & Pregnant ~16歳での妊娠~』は、現地で大きな反響を呼んだ。

 テレビ番組の影響や学校での性教育により、2016年には10代の出産率が下がっている。だが、妊娠につながる性行為は活発に行われており、1980年~2000年に生まれたミレニアル世代の処女・童貞喪失の平均年齢は17.4歳。2000年以降に生まれたジェネレーションZ世代は16.2歳。アメリカの少年少女の性は乱れに乱れまくっていると伝えられている。

■流行する「処女の誓い」

 そんな世相に抗うように流行中なのが「ピュアリティ・セレモニー」である。アメリカでは過去にも似たような活動が流行したことがある。1990年代、「性の乱れ」を正すため、宗教団体主導のもと「処女の誓い」という宣誓書に署名するという活動が公立学校で行われていた。文字が彫られた銀の指輪「ピュアリティ・リング」をはめて処女を誓うことが、女子の間ではおしゃれとされた。

少女が処女を誓う「ピュアリティ儀式」が全米で社会問題化! 父と娘が手をつないで愛を囁き「綺麗だよ」を連呼の画像2オンライン販売もされているピュアリティ・リング。画像は「Purity Rings Online」より引用

 当時、少女に大人気だったジョナス・ブラザーズもピュアリティ・リングをはめており、アイドル絶頂期だったジェシカ・シンプソンも「結婚するまで処女を守る」と宣言した。「セックスしたからといってかっこいいわけじゃない」「処女でいることはおしゃれ」とお手本にする少女たちも多かった。この影響でセックスを始める時期は少し遅くなったものの、この流行はすぐに終わってしまった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?