奇習・近畿発!少年たちが強要された“12歳差”のおぞましいペッティング習慣「裸でなされるがまま…」

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

奇習・近畿発!少年たちが強要された12歳差のおぞましいペッティング習慣「裸でなされるがまま…」の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 2017年10月、人気ハリウッド俳優・ケヴィン・スペイシーが、今を遡ること約30年前の1986年、当時14歳だった俳優・アンソニー・ラップに、性的な暴行を加えていたことが発覚。さらに同様の証言が他の男性たちからも噴出したことから、このスキャンダルにおいて、ケヴィンは出演作品の降板を余儀なくされるという前代未聞の事態へと繋がった。しかし、わが国における衆道の歴史を見ればよくわかるように、何もこうした「成人男性による少年愛」が元となる形で行われる“行為”は、昨日今日始まったものではなく、世界的に見ても、実にさまざまな形で行われ続けてきたというのが実情である。


「今となってみれば、寝覚めの悪い体験でしかないと思いますけどね、あの頃は私もまだ子供だったものですから、“そういう行為”をすることが、当たり前なのだと思っていたんです」


 自身がその少年時代に体験したという、“成人男性との苦い記憶”についてそう振り返るのは、都内在住の元団体職員・豊田栄治さん(仮名・78)。豊田さんの話によると、彼が生まれ育った近畿地方のとある地域においては、思春期に差し掛かる直前の少年たちに、大人の男性たちが“あらぬ行為”を強要することが、“習慣”として定着していたのだという。


「簡単に言いますとね、お互いに裸になって、全身を舐めあうという行為です。みんな12歳になると、同じ干支の年上の人に促されて“それ”をやるんですけどもね、私はまだ子供でしたから、ホント、なされるがまま……といった感じでしてね。その意味をよくわかっていなかったとはいえ、後々考えると、本当に恥かしく、忌々しい思いですよ」

 なんでも、同集落においては、毎年春になると、その年に12歳となる少年たちを対象に、同じ干支である年上の男性、すなわち、12歳上ないし、24歳、36歳上の成人男性たちが、“性のてほどき”と称して、全裸でのペッティングを中心とする性行為を行う習慣が存在していたのだという。つまり、当地の少年たちは、自身が12歳の時に大人たちから行われた“その行為”を、その後、24歳になった時に、新しく12歳となった少年に対して行い、以後、自分が還暦を迎えるまでの間、12年に1度、行うことになっていたのだそうだ。


「今はね、こういう時代ですから、どうかわかりませんけれども、当時の12歳といったら、本当の子供ですよ。それをね、ああいう形で、大人の男たちがおかしなことをさせるっていうのは如何なものかと。実際、私は自分がそれを子供たちにするのがイヤで、高校を出ると同時に上京して、それ以来、一度も村へは帰っていないんです」


 多くの識者たちが指摘するように、こうした大人たちの心無い仕打ちは、その対象となる少年少女たちの心に、深い傷と闇を残すことは言うまでもない。そうした意味で言えば、一刻も早く、この手の蛮行が世の中から根絶されるよう、切に願うばかりだ。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

関連記事

    奇習・近畿発!少年たちが強要された“12歳差”のおぞましいペッティング習慣「裸でなされるがまま…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル