• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishu1751_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 昭和42年に森永が発売した『エールチョコレート』は、そのCMへの出演で、同商品の“伝道役”となった山本直純の個性的なアクションと共に、同商品のキャッチコピーである「大きいことは良いことだ」というフレーズが多くの人々の心に刻まれることとなったが、この“「大」=「善」”という感覚は、かなり古い時代から、我々日本人の心の中に存在していたようだ。


「もともとは“子宝祈願”という名目で始まったお祭りみたいなんだけどもね、それがいつしか、男たちの“モノ比べ”みたいな、おかしなものになっていったんだよな。ハハ、ホント、おかしな話だよ(苦笑)」


 かつて自身が生まれ育った西日本のとある地域で行われていたという、その奇妙な習慣についてそう語るのは、現在もなお、当地で暮らしている元漁業・吉岡正三郎さん(仮名・80)。吉岡さんの話によると、その昔、当地においては“子宝祈願”と称する形で、村の男性たちが“性器くらべ”をするという、実に不可解な祭礼が存在していたのだという。


「祭りが行われていたのはね、毎年冬至の日でね。その日になると、村の男たちはね、みんな、村はずれの滝の傍にある天神様に呼ばれるの。それでね、まずは下着を脱いで、“モノ”を出して。それで、神主さんがね、1本1本、“サオ”の丈を測るの」


 そもそも寒さ厳しき冬至の日に、村の男衆が集まって、一斉に男性器を露出するというだけでも、なんとも奇妙な光景であるが、その男衆に対して、村の神職が、“サイズチェック”をするというから、もうこの時点で既に十分すぎるほどの“奇習”としての要素を持っていると言えるだろう。吉岡さんは続ける。


「まあ、寒い季節なもんだからさ、みんな、縮こまっちゃうわけ。けどもね、そういう中でも、たいそう立派なモノを持っている人間というのがいてさ。その中でもね、とりわけ“長い”ということで絞られた男たちはね、今度は、“タマ”の部分を確認されるわけ。それで、左右の大きさをね、神主さんが確認して、左が大きい場合は失格、右が大きい人間が合格、と(笑)。不思議なことだけども、もともと右側の“タマ”が大きい人間ていうのは、さほどいないらしくてね。すぐに合格者が決まるんだわ。……んで、その合格者がね、“福男”になるというわけ」

コメント

1:匿名2018年9月 2日 21:59 | 返信

こんなのメンバーなんかほとんど毎年変わらないんだから、
毎年同じ人が選ばれるじゃん
それに子供ができないからといって、旦那が簡単に嫁さんを知りあいに貸し出すとは思えない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。