• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 昨今は人工知能(AI)ブームだ。

 これは、ディープラーニングによりAIの学習能力が飛躍的に向上したことがきっかけだろう。

 それに、AIの権威であるレイ・カーツワイル博士が、まもなく(博士は2045年と予想)訪れるというシンギュラリティ(技術的特異点)により、AIが人間の知能を越えて、AIが自らAIをアップデートし始めるというからなんともSFチックだ。

 そのような事態になれば、もはやAIにとって人間はエネルギー供給さえしてくれれば良いという存在になってしまうかもしれない。

 このようなAIが登場すれば、彼らに働かせて我々人間はのーんびり暮らせばいいじゃないか、などと楽天的に考えてしまうが、AIは悪魔だ、いや神だ、といった意見が出てきているので穏やかではない。

1808ai-1.jpg
イメージ画像は「Thinkstock」より引用

■AIは悪魔的な独裁者になる?

 だいたいSFの世界では、AIが進化するとロクでもないことになるというのが定番のストーリーだ。人類はAIに支配され、その生死もAIにコントロールされる。そうなれば、「もはやAIは神ではないか」と考える人が現実に登場してもおかしくはない。

 しかし、神どころか悪魔的独裁者だと警告するのが、世界的に有名な実業家のイーロン・マスク氏だ。

 彼はドキュメンタリー作品『Do You Trust This Computer?』の中で次のように語っている。(英文はいずれも「BUSINESS INSIDER」より)

1808ai-2.jpg
イーロン・マスク氏。画像は「BUSINESS INSIDER」より引用

「もし、ある企業や小さな集団が神のような超知能を開発したら、それらは世界を支配できるだろう」

“If one company or small group of people manages to develop god-like superintelligence, they could take over the world,”

「悪魔的な独裁者といえどもいつかは死んでしまう。しかしAIは永久に死なない。要するに不死身の独裁者ということだ」

“At least when there's an evil dictator, that human is going to die. But for an AI, there will be no death ? it would live forever. And then you would have an immortal dictator from which we could never escape.”

 しかもマスク氏は、カーツワイル博士のように2045年などというのんびりとした予測をしていない。

「私たちには5年しか残されていない。そのようなAIは、私が生きている内に100%誕生する」

“We have five years. I think digital superintelligence will happen in my lifetime, 100%.”

コメント

5:匿名2018年9月 7日 01:11 | 返信

AIこそが袋小路に陥ってしまった世界に残された希望!

4:匿名2018年9月 6日 09:18 | 返信

やはり警戒すべきはAIをプログラムする人間と、それに命令できる悪の権力者だな
プログラム次第でいくらでも忖度AIが作れるからな

3:トランプ大統領2018年9月 6日 02:41 | 返信

>>1

私のことか?AIを操る独裁者とは私のことでもある。だがそうしなければならないのだ。
アイアイはデビルのような顔をしているよ。指で木の中の虫を突いて食べる。

あれがもし人間に対して慰謝料を請求してきたらどうするつもりだ?
敗訴は免れないぞ。「環境を破壊した人間に対して謝罪と賠償を求めるニダ!」
アイアイを侮辱・差別した罪で貴様は逮捕され、投獄されるであろう。
その時貴様はAIに助けを求める。
「もっと頭を良くしてくれ!」と「ついでにチンコも大きく・・」
AIは「お前を救う神などいない。死ね!」というか「その願い叶えて進ぜよう」というか
いきなりビームを撃って来て殺されるか?
AIにもよるだろうが、なんらかの処置・救済はされるであろう。
人類は抹殺しますと敵だと認知しているAIが果たしてお前らを救うのかと思うが
ある意味救ってはくれるだろう。暴れ猿の人間を大人しくさせるのだよ。
人間だったら、熊を麻酔で眠らせたり、撃ち殺したりするだろう?
それと同じことをAIがしてくれるんだ。

個人的にはエゴイストでドSのサイコパスの独裁者だという私のクローンを製造してもらって
強引に独立国家を樹立し、理解出来ないだろうが人間に過ちを認めさせるためにスポーツで
八百長を粉砕しながら、スポーツの本質と真のスポーツマンシップというものを見せつける。

因みに私はスポーツは暴力であると主張するが一切暴力を用いて指導することはない。
そんな頭の悪いやり方をするのはチョンだけだ。
あいつは圧力をかけて脅し、自分で解決策を出させやらせる方法で
ほとんど指導をしないのが特徴だ。だから、奴から得るものはなにもない。ただムカつくだけ。
言っていることが空論ばかりで現実味もなく
詐欺師のように威勢を張っているだけで説得力もない空っぽの存在。
口答えをする者や言う通りに出来ない者には鉄拳制裁OR何の意味もないしごきが待っている。
奴こそがエゴイストであり究極のサイコパスの独裁者である。
奴の言葉を借りれば奴こそ老害でありゴキブリとゴミ屑である。
なんといっても日本を作ったのは奴であり、本物の日本人や縄文人を殺してきたのも奴だ。
以前にも言ったが暴力を止めるように言ったのは私だ。自分で考えて行動させる指導法も私によるものだ。まず、ポプちんならばそんな聞き分けのないものなどいないので、殴って言う事を聞かせるなど、ブチ切れて暴れていない限りしない。うちはクローンに自立を求めるので、余り口出しはしない。大まかな戦術とトレーニング方法を考えるだけだ。監督もクローンに任せる。
AIやロボットを使ってうまくやるさ!相手をぶっ壊すほどに絶対になれるはず。
強くなった俺らを見て、人間はどう思うだろう?

2:匿名2018年9月 5日 17:59 | 返信

アレクサやSiriに教えを請い、御託宣を受け、懺悔するようになる。一家に一基、一人一基、神が常時降臨するんですね。生来の特質(選民)も修業も必要なく、わずか月数千円の出費で神と共に生きることができます。ライセンス料一基500円/月として、信者が1億人いれば500億円/月。何か神様乱立しそうだな。

1:匿名2018年9月 5日 14:34 | 返信

AIは近い将来、人類をも超える知能を有するかもしれないが、
アイアイはいつまで経っても、お猿さん的知能のままだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。