人類はまもなく自由を捨て、AI(人工知能)を神と崇めるか? 宗教学者の島田裕巳先生に聞いた。

 昨今は人工知能(AI)ブームだ。

 これは、ディープラーニングによりAIの学習能力が飛躍的に向上したことがきっかけだろう。

 それに、AIの権威であるレイ・カーツワイル博士が、まもなく(博士は2045年と予想)訪れるというシンギュラリティ(技術的特異点)により、AIが人間の知能を越えて、AIが自らAIをアップデートし始めるというからなんともSFチックだ。

 そのような事態になれば、もはやAIにとって人間はエネルギー供給さえしてくれれば良いという存在になってしまうかもしれない。

 このようなAIが登場すれば、彼らに働かせて我々人間はのーんびり暮らせばいいじゃないか、などと楽天的に考えてしまうが、AIは悪魔だ、いや神だ、といった意見が出てきているので穏やかではない。

人類はまもなく自由を捨て、AI(人工知能)を神と崇めるか? 宗教学者の島田裕巳先生に聞いた。の画像1イメージ画像は「Thinkstock」より引用

■AIは悪魔的な独裁者になる?

 だいたいSFの世界では、AIが進化するとロクでもないことになるというのが定番のストーリーだ。人類はAIに支配され、その生死もAIにコントロールされる。そうなれば、「もはやAIは神ではないか」と考える人が現実に登場してもおかしくはない。

 しかし、神どころか悪魔的独裁者だと警告するのが、世界的に有名な実業家のイーロン・マスク氏だ。

 彼はドキュメンタリー作品『Do You Trust This Computer?』の中で次のように語っている。(英文はいずれも「BUSINESS INSIDER」より)

人類はまもなく自由を捨て、AI(人工知能)を神と崇めるか? 宗教学者の島田裕巳先生に聞いた。の画像2イーロン・マスク氏。画像は「BUSINESS INSIDER」より引用

「もし、ある企業や小さな集団が神のような超知能を開発したら、それらは世界を支配できるだろう」

“If one company or small group of people manages to develop god-like superintelligence, they could take over the world,”

「悪魔的な独裁者といえどもいつかは死んでしまう。しかしAIは永久に死なない。要するに不死身の独裁者ということだ」

“At least when there’s an evil dictator, that human is going to die. But for an AI, there will be no death ? it would live forever. And then you would have an immortal dictator from which we could never escape.”

 しかもマスク氏は、カーツワイル博士のように2045年などというのんびりとした予測をしていない。

「私たちには5年しか残されていない。そのようなAIは、私が生きている内に100%誕生する」

“We have five years. I think digital superintelligence will happen in my lifetime, 100%.”

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ