電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像がヤバい! スマホやWi-Fiで超絶劣化… 中学生の実験結果が恐すぎる!

 賢明なトカナ読者であれば、携帯やパソコンをはじめとする電化製品から発せられる電磁波が健康に影響を及ぼす可能性について、一度は耳にしたことがあろう。しかし現状、(特にここ日本においては)それはあくまで“陰謀論”や“都市伝説”の範疇を超えない与太話のように見なされている。そのため、日常生活において上着のポケットに携帯を入れたり、寝る時に携帯を枕の隣に置くなど、まったく電磁波など気にすることなく生きている読者もいるのではないだろうか? しかし、そのような考えはそろそろ改めるべきかもしれない。


■女子中学生の実験に世界的注目が集まる

電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像がヤバい! スマホやWi-Fiで超絶劣化… 中学生の実験結果が恐すぎる!の画像1画像は「The Daily Dot」より引用

2013年、「The Daily Dot」をはじめとする複数の海外メディアは、デンマークのとある学校に通う9年生(日本における中学3年生)の女子生徒5人が、Wi-Fiの電磁波が生物に与える悪影響について驚くべき実験結果を導き出したと報じている。

 女子生徒の1人であるリア・ニールセンさんは、就寝中に携帯をベッドの近くに置いていると、実感として不眠症になりやすくなることに気づいた。そこで、「原因はWi-Fiの電磁波ではないか?」と疑い、クレス(アブラナ科の野菜)の種子を用いる以下のような実験を思いついたという。

・ 400粒のクレスの種子を、12のトレイに分けて蒔く。
・ Wi-Fiルーターがある部屋と無い部屋に、それぞれトレイを6つずつ設置。
・ 2つの部屋はWi-Fiルーターの有無以外は、水・日光・室温も同じに保つ。

 そして12日後、2つの部屋に置かれたクレスの種子の成長過程に大きな違いが現れたのである。ルーターのない部屋に置かれたクレスの種子は、緑豊かで健康的に成長していた。
しかし、ルーターのある部屋に置かれたクレスの種子は干からびて、ほぼ成長していなかったばかりか、一部の種子には変異が見られたのである!

 他の条件が完全に同じであれば、クレスの種子にWi-Fiの電磁波が悪影響を与えていることになる。それが真実ならば、我々人間にも悪影響が及ぶのか? リア・ニールセンさんは、この実験結果を受けて「もう寝ている時に携帯をベッドの側に置きません」と決心したそうだ。

電磁波を「浴びた植物」と「浴びてない植物」の比較画像がヤバい! スマホやWi-Fiで超絶劣化… 中学生の実験結果が恐すぎる!の画像2画像は「The Daily Dot」より引用

 この話の特筆すべき点は、女子生徒たちの研究が学内のみならず、専門家たちの関心まで引き寄せた点にある。スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所の神経科学者は、ベルギーのブリュッセル自由大学の研究者らと共に、追加実験の予定を立てた。さらに、英国の著名な生物学者アンディー・ゴールズワージー氏も注目しているという

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ