• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目以降に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180831_feeder_01.jpg
画像は、「The Daily Mail」より

 昨年3月、米国の人気番組「My 600-lb Life」でオハイオ州に住むニコール・ルイスさん(当時23)が紹介された。二児の母であるニコールさんの体重は684ポンド(約310キロ)で、育児すらままならない状況だ。しかし、ボーイフレンドのチャーリーさんによって食料の買い出しへ連れて行ってもらえるため、毎日ジャンクフードをたらふく食べ続けていた。そんなニコールさんは、自らの過去を振り返り、最終的には体重を減らして健康になることを誓った。


■機能不全家族が原因で過食に陥った少女

20180831_feeder_02.jpg
画像は、「The Daily Mail」より

 番組の内容については、英紙「The Daily Mail」が詳しく報じている。ニコールさんが食べ物に執着するようになったのは、彼女の幼少期に原因があるという。ニコールさんの母親は癇癪持ちだった。そして、母親がニコールさんに怒りをぶつけるたびに、彼女は父親のもとへと逃げ、スナック菓子をもらっては気持ちを紛らわせていた。しかも、父親はトラック運転手で不在も多かった。そのため、父親に助けを求められないときも、ニコールさんは食べることで現実逃避していたという。

20180831_feeder_03.jpg
画像は、「The Daily Mail」より

 ニコールさんが16才のとき、両親はコカイン中毒になってしまった。そして、彼女の過食はさらに悪化し、体重は400ポンドにも達した。「両親が麻薬をやっていたら、私は興奮して泣き叫び、彼らを怒鳴りつけたものです。でも、彼らは私を無視したんです。だから、私はベッドに潜り込んで眠ってしまうまで、何時間も食べては泣いてをくり返していました」と語るニコールさん。当時の彼女は、食べて満腹になることでしか安心感を得られなかったため、ひたすら食べ続けたのだ。

※次頁以降に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

5:匿名2018年10月 5日 03:43 | 返信

うちの父親とその友人がそうだったかもしれない。ここまで嫁は太らされてはいないけどね。
特に家の母親は膝がもともと悪く体が辛いから減量したいとダイエットしたいのに、そんなことする必要ない!って散々邪魔されたらしい。
別居してからはするすると体重落ちちゃって逆に最近は痩せすぎないかが心配。
筋トレできればいいけど、膝も腰も病名ついてるくらいに悪くて全快しないものだからなぁ。
太らせるのが好きって怖すぎるわ。色んな意味で。
ぽっちゃりとか小太りならともかく完全なる肥満は病気とかリスクあるし、本人も動きにくいから痩せたとたん行動的になったり快活になったりする人も多いんだよね。
病気で痩せた人はまた別だけど。

4:匿名2018年9月 4日 23:52 | 返信

たしかに、見てしまう魅力はある。お金のために、シャワーシーンの撮影を許可したのかな。せつないね

3:匿名2018年9月 3日 22:16 | 返信

太った女性に魅力を感じると言っても、ここまで太ったら行為も何もできないでしょう?
見ているだけ、触れるだけでいいの?
それで性欲も満たされるの??
謎だなー。

2:癌患者が配管に撒く発癌性スプレー2018年9月 3日 00:09 | 返信

自分も気おつけないと。体重が増えると健康に良くないには確かだ(泣)

1:匿名2018年9月 2日 23:14 | 返信

デブスの家畜化計画

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。