• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

ホテヘル

,

ローン

,

主婦

,

人妻

,

給料

,

解雇

,

貧困

,

風俗

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。

wife30s_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

風俗の門をくぐる主婦の数は増えつつある?

 東京・新宿駅から徒歩5分ほど。繁華街を抜けたところに、その雑居ビルはある。そのビルのうち一室が、今回話を聞いた神田美枝子さん(仮名)が在籍する派遣型風俗店、いわゆるホテヘル(ホテル型ヘルス)の事務所兼待機所となっている。

 現在39歳の美枝子さんは、肌が少し浅黒く、黒いロングヘアーを後ろで一つ結びにしている女性である。白い無地のTシャツの上にピンク色の薄手のカーディガンを羽織り、膝丈の白いスカートの下には肌色のストッキングを履いている。肌の色、ヘアースタイル、服装、それぞれがどこかちぐはぐに感じられ、きれいな洋服に反して清潔感は感じられない。

 美枝子さんは2日前にここのホテヘルで働き始めたばかりの“新人”ではあるが、実はこの道10年にも及ぶベテラン風俗嬢である。


「子供たちにお金がかかるようになった時期に、夫の給料が下がり…」

 千葉県にある商業高校を卒業した美枝子さんは、すぐに地元の運送会社に就職。すると、19歳で職場の同僚だった3歳年上の男性と結婚し、数年のうちに2人の子供にも恵まれた。トラック運転手として働く夫の給料は、手取りで30万円ほどだった。

 その後、子育てのために専業主婦になった美枝子さんだったが、当時の生活を振り返ると、決してお金に余裕があったわけではないものの、それでも生活費をうまくやりくりし、ごく普通の生活を送っていたという。

「普通の生活でした。それほど贅沢とかは出来なかったですけど、なんて言うんですかね、本当に普通の生活だったんです。将来のお金のこととか心配は多少ありましたけど、正直、あんまり先のことまでは考えていませんでした」

 しかし、美枝子さんが29歳の時、その“普通の生活”は一変した。夫が仕事中に事故を起こし、運送会社をクビになったのだ。なんとかすぐに再就職したものの、前の職場に比べて給料は10万円ほど下がったという。

「ちょうど子供たちにお金がかかるようになってきた時期で、夫の給料が一気に下がってしまったんです。それで最初、私は昼間のパートを始めました。でも、子どもの食費や車のローンがあって、すぐに生活費が追いつかなくなったんです。パートだと働けても9時から16時まで。時給は900円でしたから、フルで働いても家計は赤字でした」

 生活費の捻出すら厳しくなっていく中、さらに、夫が通勤のために購入した車のローンや維持費も大きな負担になるようになったという。


「風俗を辞められる目処はたっていない」

wife30s_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 所持していたのは、数年前に総額120万円で購入した国産の中古車だ。しかし、ほぼフルローンで購入したため、返済額は毎月2万円。そこに、保険料や駐車場代やガソリン代など、毎月最低でも3万円が加算されているという。車の処分も検討したが、美枝子さんの自宅付近は交通の便が悪く、夫が仕事へ行くにはバスと電車、モノレールを乗り継ぐ必要があり、通勤時間が倍増してしまう。さらに、購入時の時点で5年オチだった車は、仮に処分したとしても数十万円にしかならないため、ローンの残債額を大きく下回ってしまうのだという。これらのことが、美枝子さんが風俗で働こうと考えるきっかけになった。

「実は若い頃、半ば興味本位で、短期間だけ風俗店で働いていたことがあったんです。すっかり忘れていたんですけど、毎日お金のやりくりを考える中で、それを思い出したんです。パートに比べれば明らかに稼げると思って、すぐに店を探し始めました」

 それから10年。いくつかの風俗店を渡り歩いた美枝子さんは、新宿のこのホテヘルにたどり着いたという。現在、16歳になる長男は県立高校に通っており、14歳になる次男も高校進学を希望しているという。

「正直、(風俗を)辞められる目処はたっていないですね。働いても働いても、生活費と子供たちのお金に消えていくので、貯金が出来ているわけではないですし。夫も今以上に給料が上がる目処もない。いつまで続けられるか分からないですけど、少なくとも今は辞められる状況ではないですね。年齢はおばさんですけど、何よりも普通のパートとか比べれば、多く稼げますからね。効率がいいんですよ」

 ごく普通の生活を送っていた主婦が、夫のクビをきっかけに風俗の世界へと足を踏み入れてしまう。しかし今、こんな事例は他人事とは思えないほど、ざらにある。

 今後、夫の収入増が見込めない中、美枝子さんが“効率良く稼げる風俗”を辞められる日は、見えてこない。
(文◎朝比奈ゆう)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

【話題の記事:【貧困風俗嬢シリーズ①】30代主婦が「風俗を抜けられない」理由
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
(関連記事:【貧困風俗嬢シリーズ②】高学歴など役に立たないアラフォー女の現実
(関連記事:【暴力団の資金源に?】風俗情報誌をめぐるトラブルの裏側

関連キーワード

コメント

11:匿名2018年9月 5日 11:17 | 返信

もともと独身風俗嬢が人妻風俗に戻っただけの話か!!

10:匿名2018年9月 5日 07:41 | 返信

風俗孃の寿命は せいぜい30代後半まで
この記事のオバチャンは もうすぐアウト!だな
フーゾク店で 
普通のオバチャン
ガリガリに痩せたガイコツ女
リストカット跡がバーコード状態のメンヘラ
二度見するようなブス
どう見ても40代後半以上
こんなの出したら客に どんな罰ゲームだよw  と思われるぞ

9:匿名2018年9月 5日 04:30 | 返信

頭の悪い夫婦だなぁと思った。子供は悪くないけど…、それでも身の丈にあった道を選ぶべき。奨学金借りて働いて自分達で返せ。
この人達より貧乏人だった自分は市立高校出た後働きまくって金貯めて大学行ったわ。

8:匿名2018年9月 5日 01:58 | 返信

稼げるからとか、性欲満たせるからとか判断基準がオカシイよね。
風俗など絶対認めてはいけない。必要悪とかそういうものでもない。

要りません絶対に。
他の稼ぐ道なり、子供の進学をあきらめさせるなり、身の丈に合った生活と正常な判断をすべき。
性を売って得えるものなど、魂が穢れていくだけ。

7:匿名2018年9月 5日 01:05 | 返信

パートの時給が安くてと言ってるわりには、どんな客がつくかもわからんのに、梅毒、エイズ、淋病、結核、肝炎やらなんやら、ビョーキでも移されたらそれこそってふうには考えないんだな。本来の家計観念や損得勘定が破綻してるのに、風俗なんかやってたら体だけじゃなく、そのうち心まで侵されるんじゃないかと思うが。安くてもふつうの仕事をして、4~5年かかっても10万、50万、100万てな具合に、まずコツコツと小金を貯めることから始めるべきだろ。てか、よほどのセレブでもないかぎり、どこの家もたいていそうなんじゃね?

6:匿名2018年9月 4日 22:26 | 返信

彼女が自ら選んだだけで別に嫁を風俗で無理に働かせてる訳じゃない。
安く人妻と遊べるんだから歓迎しろよ。

5:匿名2018年9月 4日 16:44 | 返信

何しろ給料の50%は税金で取られるし、20%は生活費 という風に最低固定での出費が強制的にあるのが日本のやり方。しょうがないよね。離れ小島である日本帝国ははリゾート地と変わらないよ。

そうゆうの小学校で習ってないとか考える時間とか無かった人というのは必ず生活が苦しいと言う。

4:匿名2018年9月 4日 16:34 | 返信

今の時代で家賃の予算は給料(トータル家計)の15-20%の金額が健全な家賃予算額範囲。それ超えたら快適な生活は難しいと考えて良いだろう。何故なら、時代を得て物価や公共サービス、税金が上がってきた。その結果の適切な数値だ。

その適切な予算を超えている生活を送っているなら考え直した方が良いだろう。

3:匿名2018年9月 4日 14:27 | 返信

貧乏なのに5年目で120万円の車を買うのが間違っている。
車を選ぶにしても、もっと安い車を選ぶべき。
収入の問題じゃない。夫婦そろって金銭感覚がズレているのが、問題の原因ですよ。

2:匿名2018年9月 3日 16:12 | 返信

※1
たしかになぁ…

1:匿名2018年9月 3日 09:53 | 返信

通勤の足なら、原付2種で必要十分なんだよ。免許いるけど、簡単に取れるし新車でも20万台である。そりゃ4輪の方がいいに決まってるけど、嫁さん風俗に沈めてまで乗るもんじゃない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。