• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1808_inakunatta_01.jpg
画像は、「プロダクション尾木」公式サイトより

 芸能人にとってバラエティー番組などのレギュラーは安定した収入源になる仕事だが、ある日突然“いなくなって”しまう出演者も少なくない。

 石坂浩二(77)は『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京系)から姿を消して話題に。彼は同番組の司会を務めていたのだが、ある日を境に“コメントが編集でカットされてる”との指摘が殺到。2016年3月に番組の降板が発表され、原因は“チーフプロデューサーとの確執”だとメディアに報じられていた。真偽のほどは不明だが、ネット上では「こんなの番組スタッフによるイジメでしょ」「芸能界って怖いところだな…」といった声が続出。

 そこで今回は、石坂のようにいきなり番組からいなくなった芸能人を紹介していこう。


●夏目三久

1808_inakunatta_03.jpg
画像は、「田辺エージェンシー」公式サイトより

 お次はフリーアナウンサーの夏目三久(34)。彼女は『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)にレギュラー出演していたのだが、2016年3月にいきなり番組を降板している。そして同年には「日刊スポーツ」が、夏目と有吉弘行(44)の“熱愛・妊娠”を報道。そのため番組を降りた理由も、有吉との熱愛が原因だとささやかれていた。

 しかし2人は報道の内容を否定し、「日刊スポーツ」も後日「一連の記事には事実と異なるところがありました」と謝罪。スキャンダルで番組を降ろされた訳ではなさそうだが、2017年の同番組の最終回では夏目降板への不信感が再燃することに。この日は過去を振り返る“総集編”だったものの、夏目に関しては完全にノータッチで放送を終えている。事務所から圧力もあるのではという報道もあったが、一体どのような理由で、彼女は番組を辞めてしまったのだろうか……。


●岡本夏生

1808_inakunatta_04.jpg
画像は、「岡本夏生」公式ブログより

 最後は『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演していた岡本夏生(52)。彼女は同番組を2016年3月に降板。理由は「インフルエンザに罹った後、診断書もないままテレビに出た」と発表されていたが、一部メディアでは大手プロダクションによる“圧力”が原因だと報じられていた。

 現在はほとんどテレビで見ることがなくなった岡本。しかしネット配信ニュースやイベントなどには姿をみせており、芸能活動自体は続けている。さらに昨年はYouTube上に公式チャンネルを開設してユーチューバーデビュー。地上波の番組から消えてしまったものの、生涯収入は“50億円超”とも言われており何も不自由はなさそうだ。

(文=ヤーコン大助)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。