ジャニーズ事務所後継者、滝沢秀明の人望が厚すぎる! 特別なオーラ、別格、社長は当然!?

関連キーワード:

,

ジャニーズ事務所後継者、滝沢秀明の人望が厚すぎる! 特別なオーラ、別格、社長は当然!?の画像1

 8月30日の「週刊文春」においてジャニー喜多川社長が滝沢秀明を後継者に指名したと報じた。多くの先輩ジャニーズを追い越す事態だが、業界内では意外とすんなり受け止められているようだ。

「本当のところは当事者にしかわからないことですが、有り得ない話ではありません。無論、タレントとして表に出る以上、経営者になるのはリスクしかないので名義上の社長は避けるはずです。ただ、事務所のかじ取りをおこなう意味で後継者に指名されてもおかしくありません。財務はジュリーさんが仕切り、マネージメントを滝沢さんがおこなうのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 有り得ない話ではないとのことだが、数多くのジャニーズアイドルがいる中、なぜ滝沢秀明なのか。

「ジャニーさんにとって最大の宝物は滝沢秀明さんだからです。これに尽きます。彼のいない事務所ならば無いに等しいというほど溺愛しています。滝沢さんはルックスも声も演技もジャニーズの王道をゆくタイプで、まさに王子様キャラです。それでいて男性からも女性からも嫌悪感を持たれない人物でもあります。どんなに活躍するタレントがほかにいても、ジャニーズの本流として後進を育ててほしいんだと思います」(同)

 ジャニーズの見本のような存在だからこそ、今後の事務所運営にも携わってほしいとの考えのようだ。そんな滝沢秀明は他のタレントからの人望も厚いという。

「ジャニーズ内のいわゆる問題児からも一目置かれているのがタッキーです。たとえば赤西仁などもスタッフの意見は無視してもタッキーに何か言われれば受け入れたといいます。多くのジャニーズタレントやジュニアが『滝沢くんは別格』と評しており、近くにいる人間でも特別なオーラを感じると聞いたことがあります。アイドルになるべくして生まれてきたような人ですから、社長になることもおかしい話ではないですよ」(テレビ番組放送作家)

 べた褒めだが、こうした実情から今回の報道にはさほど驚きの声もなく、素直に受け止められているようだ。果たして現実になるのであろうか。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ