• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 中国で7月より配信を開始した時代劇ドラマ『延禧攻略』(Story of Yanxi Palace)が話題になっている。累積アクセス数が100億を突破する大ヒットで、その勢いは海外にも広がっている。そんな中、あるトラブルが発生した。

「聯合新聞網」(8月22日付)などによると、ベトナムの動画配信サイト「Zing TV」が『延禧攻略』を無断で配信した。しかも、中国ではまだ48話までしか配信されていない段階で、同サイトでは57話まで配信されていたという。なんらかの方法で不正に入手したのだろうが、話はそれだけでない。中国のIPアドレスからアクセスすると、動画の開始前にアンケートが実施される仕掛けになっていた。よくある広告やマーケティング目的かと思いきや、それはこんな質問だ。

「黄沙群島と長沙群島はどの国に属している?」

「ベトナムの首都はどこ?」

「ベトナムの国歌は?」

 これらの3問に正解しないと、動画を見ることができない。解答するチャンスは4回までだ。1問目にある黄沙群島とはベトナム語で「ホアンサ諸島」のことで、長沙群島は同じく「チュオンサ群島」のこと。つまり、ベトナムなどが領有権を主張しながら中国が実効支配している西沙(パラセル)諸島と南沙(スプラトリー)諸島に関する質問である。選択肢は「ベトナム・中国・フィリピン・日本」となっているが、当然「ベトナム」を選ばなければ正解にはならない。

 同ドラマの中国版Twitter「微博」公式アカウントは、すぐさま声明を発表。「未放映の内容を公開する行為は著作権の侵害になる」と抗議しているが、なぜか領土問題の設問については言及していない。

 米中関係が悪化していく中、周辺国との関係をこじらせたくない中国政府への“忖度”なのだろうか?

(文=大橋史彦)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年9月 6日 19:07 | 返信

クイスに正解しないと有給あげな~い上司と同じだなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。