【閲覧注意】脈打つ心臓から“ドリル”を抜き取る激ヤバ手術映像! 5つの病院から見放されて「ほぼ死んだ」男が奇跡の復活=インド

 英紙「The Daily Mail」(2018年9月3日付)によると、インド・ニューデリー近郊の工場で働いているドリル作業員、サティーシュ・クマールさん(32)は、ドリルの破片が胸に突き刺さる事故に遭ってフォーティス病院に搬送された。破片は長さ4センチの金属片で、心臓にめり込み、辛うじて動脈を避けている状態だった。これを見た医師は、銃で心臓に撃ち抜かれたようだと驚いたという。

 そして、ヴァイバヴ・ミシュラ博士率いる外科医たちによって心臓から金属片を取り除く緊急手術が行われた。現在、手術の様子を収めた90秒間の映像がネット上に公開されている。

 ドクドクと鼓動する心臓には、小さな穴が空き、その奥にドリルの破片がめり込んでいる。医師は、ピンセットを使って慎重に穴から金属片を摘出した。傷口から血が滲むものの、心臓の動きは止まらない――手術は成功だ。この後、医師たちは穴が空いた左心室を修復。4日後、クマールさんは歩けるようになって無事に帰宅することができたという。

 実は、クマールさんが心臓を負傷したのは2週間以上前のこと。フォーティス病院にやって来るまでの間、すでに彼は大量の血液を失っており、生命の危機に瀕していた。金属片は、心臓に血液を供給する冠状動脈の1つから、わずか数ミリ離れたところに存在した。そんなクマールさんは5つの病院をたらい回しにされ、どこの病院でも「助からない」と言われたそうだ。しかし、ミシュラ博士と同僚たちは、果敢にも手術に挑んだ。博士は手術の様子を次のように振り返る。

「高速で金属片がめり込むと、一般的には死にます。銃で撃たれる状況と似ているからです。幸いにも、(今回のケースでは)金属片によって穴が塞がっていました。そのため、命に関わる出血から心臓が守られており、私たちは心臓の深部に入り込んだ金属片を取り出すことができました」

 5つの病院から見放されたクマールさんは、ミシュラ博士と出会えたことで奇跡的に一命をとりとめた。グロテスクな動画の背後には、感動的なストーリーがあったのだ。

無修正の動画・画像は、コチラからご覧いただけます。


参考:「The Daily Mail」、ほか

関連キーワード:, , , , ,

文=標葉実則

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【閲覧注意】脈打つ心臓から“ドリル”を抜き取る激ヤバ手術映像! 5つの病院から見放されて「ほぼ死んだ」男が奇跡の復活=インドのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?