惑星「ニビル」はあります! 証拠多数でもはや“常識”、天文学者たちも発見に向けラストスパート!

 太陽系に存在するといわれる未知の惑星「プラネット・ナイン」、その実在を証明すべく、世界中で多くの天文学者が探索を行っているという。米紙「Washington Post」(今月2日付)や英紙「The Daily Mail」(今月3日付)が報じた。

惑星「ニビル」はあります! 証拠多数でもはや常識、天文学者たちも発見に向けラストスパート!の画像1イメージ画像は「Thinkstock」より引用


■太陽系の未知の惑星

 プラネット・ナインはその名の通り、太陽系に存在するとされる第9番目の惑星を指す。以前は「プラネットX」とも呼ばれていたが、冥王星が準惑星になったことで呼び名が変わってしまった。その存在を示す数多くの証拠がありながらも、未だ観測されていない宇宙の謎の一つである。古代シュメールの神話で語られ、オカルト分野でもしばしば言及される惑星「ニビル」と同一視される事もある。

惑星「ニビル」はあります! 証拠多数でもはや常識、天文学者たちも発見に向けラストスパート!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 この未知の惑星が存在するのは、冥王星の軌道をはるかに超えた太陽系の奥深くとされる。近年、太陽系外縁部で奇妙な軌道を描く天体が複数発見されているのだが、それらの天体に影響を与えているのが巨大な質量を持つ巨大な惑星、すなわちプラネット・ナインなのだ。2014年に米カーネギー研究所の天文学者スコット・シェパード氏らがその存在の可能性を示唆すると、2016年には米カリフォルニア工科大学のコンスタンティン・バティギン氏とマイケル・ブラウン氏がコンピュータシミュレーションで惑星の詳細を予測している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ