• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 米・カリフォルニア州サンディエゴの夜空に、複数の光を発する謎の浮遊物体が現れた――。近隣住民の目撃報告が地元メディアに相次いで寄せられたのだ。


■サンディエゴ上空に複数の光る浮遊物体

 夏休みも終わろうかという8月29日、現地時間午後8時を少し過ぎたところで、地元メディアの「KGTV San Diego」へ視聴者からの連絡が相次いだ。サンディエゴ上空に複数の光る物体が浮いていたのである。

lightsabovesandiego1.JPG
Inside Edition」の記事より

 目撃報告はブロッサム・バレー、ラホヤ、デル・マー、チュラビスタ、エルカホンなど街の至る場所から続々と寄せられ、その中の幾人かはスマホで動画を撮影している。映像を見る限り、10個前後のオーブのような光が一列に並んでいるのが確認できる。

 郊外の街ラ・メサからこの“オーブ”を撮影してツイッターに投稿したダニエル・バーンズ氏は、これらの光はボールか火の玉のようだったと感想を述べている。一列に並んでいる物体のほかにも、右上空からライトを点滅させながら近づいてくる航空機らしき機体もあり、列に加わったかと思えばゆっくり右方向へと離れていった。この航空機はこれら“オーブ”の確認・撮影だけが目的だったのだろうか。

 一方この時に、街の北部パシフィックビーチを訪れていたニッキー・フォックスさんも仲間たちと共にこの物体を目撃してスマホで動画収録し、同じくツイッターに投稿している。動画の中のコメントでは、この“オーブ”が浮かんでいたのは海の上空であったようだ。そして動画の終盤では2組に分かれていく様子が収められている。バーンズ氏と同じタイミングで撮影された映像だが、ひょっとすると異なる“オーブ”なのかもしれない。

 また、同じく目撃者のダニ・グラディ氏は、これらの“オーブ”は10分ほどホバリングしていたと話し、大半は一直線に並んでいたが、時折“Z”字型の編隊を見せていたという。

サンディエゴ上空の“UFO” 動画は「YouTube」より

「KGTV San Diego」によれば、この日の夜8時から30分ほどの間、この“オーブ”がサンディエゴ各地で目撃されたという。出現していた時間帯は各目撃地とも同じで、その後に夜の帳に消えていったということだ。サンディエゴ住民を騒がせたこの“オーブ”の正体やいかに。

コメント

1:匿名2018年9月15日 22:37 | 返信

書かれているが、ちょうどこの辺りにノースアイランド海軍航空基地という結構大きい基地があって、見ると軍用ヘリコプターが50機近く駐機しているんで、まあ妥当な線で言えばそれらが飛んだんではなかろうかと・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。