予言者ポール・ソロモンが語った「ポールシフトが人間に与える影響」が怖すぎる! “強制クンダリニ”で発狂・殺人激増、人類大選別へ!

■人体の七つのチャクラとクンダリニ

 彼のリーディングは、地球が「人体のより大きく表現されたもの」として、地軸と人体の脊髄の相似性を指摘する。ここで彼が言及するのが「クンダリニ」と(Kundalini)いう言葉だ。中国の「気」に相当する概念を、インドでは「プラーナ」と呼ぶ。今風にいえば「宇宙エネルギー」だろうか。人体内に存在するそれをクンダリニと呼ぶ。

画像は「Thinkstock」より引用

 ヨガや神秘主義では、人体(霊体)には7つのチャクラがあり、背骨を通して、螺旋を巻きつつ一直線に結ばれているとしている。

 このチャクラは超能力と関係しているともいう。たとえば、額にあるアージュニャー・チャクラが開発されれば、いわゆる「第三の目」が開き、透視能力を得られると。脊柱の基底部にあるのがムーラーダーラ・チャクラ。一方、頭頂部にあるのがサハスラーラ・チャクラ。

 ヨガでは、前者のチャクラから生命エネルギーが上昇して、一挙に頭頂までつながることがあるらしい。それを人為的にやる技法を「クンダリニ・ヨガ」という。

 本来、地道な霊性修行と共に七つのチャクラが順番に開花していって、自然な形で、尾てい骨のチャクラと頭頂部のチャクラが連結し、覚醒することが望ましいとされる。

 しかし、超能力の獲得や神秘体験などを目的とするあまり、直結自体を目的とする人も現れた。その結果、「クンダリニ・ヨガ」の技法が生まれたわけだが、これは人体には非常に危険な行為とされている。事実、精神と肉体に破壊的な影響を及ぼした報告例が多い。ある体験者によると、頭の中が暴走した状態になって発狂寸前までいったという。

 どうやらソロモンによると、この危険な現象が強制的に引き起こされるらしいのだ。


■「強制クンダリニ」によって人類が選別される運命の日

 どういうことか、詳しく説明しよう。

 惑星だか彗星だかはわからないが、何らかの「星」が接近してきて、地球に向けて何がしかの「光」(電磁波)を放射すると、ソロモンは予言している。

 それが地球上に凄まじい天変地異を引き起こす原因になるという。特に、地球の軸と、人間の背骨の軸の両方に、ものすごい影響を与えるらしいのである。すなわち、地軸においてはポールシフトの要因になることを意味する。

 他方で、その小宇宙である人体においては「強制クンダリニ」の原因となる。彼は言う(※「我々」と言っている)。

「我々は(略)この光が今の時代に到来することの意味をあなた方にわからせたい。先んず初めに、この彗星、この地球を人体がより大きく表現されたものとみなし、到来するあの彗星、あの光をキリストの光であふれさせる目的でこの地球のチャクラ、脊髄を通って上昇してくるクンダリニに比べられる炎と見なしてみよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ