【閲覧注意】“銃口にフェラ”する海外パリピが愚かすぎる! 頬から鮮血が噴き出し… 意味不明すぎる悪ふざけの悲惨な顛末

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】銃口にフェラする海外パリピが愚かすぎる! 頬から鮮血が噴き出し… 意味不明すぎる悪ふざけの悲惨な顛末の画像1画像は、「BestGore」より

 世の中には人騒がせな連中がいる。米マサチューセッツ州西部ハンプデン郡の都市スプリングフィールドで今月、19歳男性が車から銃撃されたという通報があった。地元紙「WRSP」によると、警察を呼んだ人物は男性のガールフレンドだという。

 警察が到着した時、酔っ払った男性ブライアン・ジョンソンは頬を負傷していた。ジョンソンはすぐに病院へと搬送されて治療を受けた。その後、現場にいた人たちの証言によって、“銃撃”の真相が明らかとなる。ジョンソンは銃を持ってふざけており、銃で自分の顔面を突いていたところ、たまたま自分で引き金を引いてしまったというのだ。

 警察の捜索によって、ジョンソンの自宅からは違法に入手した銃と弾丸が発見された。当初、取り調べに臨むジョンソンはけんか腰で話にも一貫性がなかったが、最終的には自ら頬を撃ったことを認めたため、彼は迷惑行為や銃の不法所持などの容疑で逮捕された。

 これは、誤って自分の頬を銃で撃ってしまったケースだ。一方、故意に頬を撃つ連中もいるという事実を、海外の過激動画サイト「BestGore」から紹介しよう。

 動画には、2人の男性が映し出される。一人が銃を手に持ち、その銃をもう一人の男が咥えている。動画タイトルにある通り、まるで銃をフェラチオしているかのようだ。その後、なんと銃を持った男が引き金を引いた。パンッという音が鳴り響き、銃を咥えていた男の頬から血が滴り落ちる。頬に穴が空いてしまったのだ。次に、別の男が銃を咥えた。銃を持った男が再び引き金を引くと、パンッという音とともに、辺りに血が飛び散った。頬を撃たれた男の傷口からは、血が勢いよく噴き出している。止血が必要そうだが、傷の手当てをできる状況ではなさそうだ。

 彼らは酒に酔った勢いで頬に穴を開け、一体何をしたいのだろうか? 頬にピアスでも入れるのか? それとも、ジョンソンのように単なる悪ふざけだったのか?

 動画の詳細は不明だが、パリピが銃口を“フェラチオ”していたら、その銃口が思いっきり“射精”してしまったというところか……。何とも愚かしい連中である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?