北海道地震は学者や超能力者が“完全に予言”していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!

北海道地震は学者や超能力者が完全に予言していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!の画像1画像は、「ANNnewsCH」より引用

 9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とするM6.7、最大震度7の地震が発生。40人の死亡が確認される(10日18時)など甚大な被害をもたらし、「平成30年北海道胆振東部地震」と命名された。

 現在も混乱は続いているが、日本を代表する予言者の松原照子氏や、東京大学名誉教授の村井俊治氏も今回の大地震発生を事前に示唆していたことが判明し、衝撃が広がっている。

 また、平成30年北海道胆振東部地震は内陸の活断層地震だったと考えられているが、北海道付近では近年、南海トラフ巨大地震にも匹敵する規模の海溝型地震が千島海溝沿いで発生する可能性が高いと指摘されてきた。今回の地震が、「切迫性が高い」という千島海溝の巨大地震を誘発する可能性もあるのではないか? 緊急考察してみたい。


■「北海道胆振東部地震」の震源はいったいどこか!?

北海道地震は学者や超能力者が完全に予言していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!の画像2震度マップ(USGS) 画像は、「Wikipedia」より引用

 歴史的に北海道周辺では数多くの海溝型地震が発生しているが、前述の通り平成30年北海道胆振東部地震の震源は内陸部であり、活断層が動いたことによるものと考えられる。産業技術総合研究所の宍倉正展氏によると、震源は石狩平野の東を南北に伸びる「石狩低地東縁断層帯」に近いが、少し東にずれており、現時点ではこの断層が原因と特定できないという。

 その後、政府の地震調査委員会も「今回の震源は石狩低地東縁断層帯ではない」との見解を発表した。だが、平田直委員長(東京大学教授)は記者会見で、地震活動が活発な地域であることから、「石狩低地東縁断層帯の地震には今後とも注意していただきたい」(時事ドットコム、2018年9月6日)と釘を刺しており、決して油断することはできない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ