北海道地震は学者や超能力者が“完全に予言”していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!

北海道地震は学者や超能力者が完全に予言していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!の画像4イメージ画像:「Thinkstock」より

■千島海溝巨大地震の前触れか!?

 2018年は、8月11日のスーパームーン&部分日食の観測以降、「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」上でM6超の大地震が多発しており、日本でも懸念が高まっていた最中に起きたのが今回の地震だった。では、今後の余震活動が収まれば北海道の大地震は終息するかというと、残念ながら話はそれほど単純ではないようだ。

 現在の北海道は、4000万年前に2つの大きな島が東西から衝突して1つの島になったという説がある。元東京大学地震研究所の都司嘉宣(つじ・よしのぶ)氏によると、その名残こそ石狩平野であり、今回の地震との関係が囁かれる「石狩低地東縁断層帯」は、もともと通常の断層ではなく2つの島の“境界線”だったと考えられるという。そして、現在も東西から押し合う力が働いていると都司氏は指摘する。この説に従えば、今回同様の地震はこれからも起きるということになるだろう。

 また、過去の記事でも指摘したように、北海道はM8クラスの千島海溝巨大地震が「いつ起きてもおかしくない」と懸念されている。今回の北海道胆振東部地震がこの千島海溝の巨大地震の前兆となる可能性はあるだろうか?

北海道地震は学者や超能力者が完全に予言していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!の画像5千島海溝巨大地震の震度分布
画像は、「防災情報のページ – 内閣府」より引用

 この点について前述の郡司氏は、千島海溝の巨大地震は胆振東部地震の100倍ものエネルギーがあるため、直接誘発することはないとしながらも、「断層のひずみが溜まっていれば、海溝のひずみも溜まると考えれば、今回の地震が千島海溝巨大地震の先駆けの可能性はあります」(ウェザーニュース、2018年9月6日)と指摘。つまり、今回の地震がさらなる巨大地震を「誘発」することはないものの、「先駆け」となる可能性はあるということだ。

 さらに、愛知工業大学の教授で、元気象庁・地震津波監視課長の横田崇氏も、千島海溝などで「巨大な地震が起こる前に、内陸で地震が活動的になる時期がある。もしかしたら今がその時期かもしれない」(日テレNEWS24、2018年9月6日)と語っている。

 ちなみに昨年12月、政府の地震調査委員会は、千島海溝での巨大地震(M9クラス)を初めて含めた新たな長期評価を公表した。そこでエリア分けされた想定震源域のうち、今後30年以内に巨大地震が発生する確率が高く、最大限警戒すべき場所は「M7.8~8.5が70%程度」の根室沖エリアとなっている。今回の胆振地方の地震が、さらなる巨大地震の「先駆け」である可能性を真剣に受け止め、今まで以上に防災意識を高めなければならない。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose


参考:「FNNPRIME」、「産経ニュース」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ