• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180912_balloon_01.jpg
画像は、「BMJ Journals」より

 世の中には、風船に性的興奮を覚える“風船フェチ”が存在する。彼らは、幼い頃に遊んだ風船の手触りや幼児番組に映っていた風船のイメージなどに囚われ、風船を性の対象と見てしまうという。風船フェチの者は、風船を膨らませたり割ったりしてオナニーするほか、風船に性器をこすりつけて疑似セックスを楽しむこともある。しかし、風船を食べるのは、かなり珍しいケースといえよう。そんな世にも奇妙な事例がオーストラリアで報告され、英紙「The Daily Mail」などで報じられた。

 今月、とある病院に18歳の男性が駆け込むと「吐き気や胃の痛みがあり、5日間の便秘にも苦しんでいる」と訴えた。医師は、彼の心拍数が異常に高く、体温も上昇しており、腹部が腫れていることを確認した後で検査を開始。腸閉塞が判明したたため、開腹手術によって腸が切り開かれた。すると、そこにあったのは“水風船”だった。長さ約4センチの柔らかい塊は、水で満たされており、口の部分がしっかり結ばれていた。この水風船が重度の腸閉塞を引き起こしていたのだ。男性は無事に水風船を取り除いてもらって退院した。今後は精神科に通って相談する予定だという。

 そもそも、男性の腸内に水風船があったのはなぜか? 医師からの質問に対して、男性は「風船を食べた覚えはない」と答えたという。報告書にも「術後の診断で異物の摂取歴はない」とされた。男性は事実を説明したくなかったのだろう。

 栄養価の無いものを食べたがる症状を“異食症”という。6カ月~3歳の幼児が多く発症する異食症だが、大人にも見られる。もっとも、異食症患者のうち、摂取した異物を取り除くために外科手術を必要とするケースは、わずか1%程度とされる。

 オーストラリアの男性は、異食症の結果として水風船を飲み込んだのかもしれないし、悪ふざけのせいで“恥ずかしい”ことになったのかもしれない。彼が口をつぐんでいることから、風船フェチである可能性も依然として残される。いずれにしても、膨らませた風船を飲み込んではいけないということだけは、教訓として肝に銘じておきたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2018年9月14日 21:12 | 返信

お尻の穴は出口であって入り口じゃないよん

1:匿名2018年9月13日 09:54 | 返信

こうもんであそんではいけません

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。