奇習! 妻は他人に貸し出されてSEX、かたや夫は…! 不妊夫婦に行われた無慈悲すぎる伝統=北関東

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

奇習! 妻は他人に貸し出されてSEX、かたや夫は…! 不妊夫婦に行われた無慈悲すぎる伝統=北関東の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 医学が進み、そうした知識が一般大衆の間に広く定着した今でも、いわゆる“不妊”状態にある夫婦に対しては、あまりに酷い仕打ちが行われることもしばしばだ。そうした意味で言えば、かつて北関東の寒村で行われていたという“不妊男性”を対象に行われていたという“ある習慣”は、そうしたハラスメントが行われている当世の我々から見ても、あまりに無慈悲なものであると言えそうだ。


「なにせね、自分の血がつながった子供がいないばかりか、他人の子供を育てさせられるんですよ。当人からすれば、たまったものではないですよ」


 かつて、当たり前のように行われていたという“不妊男性”に対する仕打ちについてそう語るのは、この地で生まれ育ち、今なお暮らす元農業・加藤清三さん(仮名・88)。加藤さんの話によると、その昔、当地の不妊男性たちは、その生涯において、耐え難い精神的な苦痛を与え続けられていたのだという。


「まずね、どういう理由からなのかはわかりませんけどもね、ここいらじゃ、嫁をもらってもなかなか子供ができないとなると、その責任はすべて夫側にあるとされていたんです。だから、子供のできない家の嫁はね、同じ村で暮らしていて、既に子供がいる家庭の男とね、子作りをするしきたりがあったんです。そう、それを子供ができるまで続けるんです。相手を変えながら。本来の夫である旦那からすれば、苦痛そのものですよ」


 そもそも不妊状態であることの原因を、すべて夫である男性側のものとしている時点で、現代の我々からすればおかしな話と言わざるを得ないが、その挙げ句に、自分の妻を他の家庭で夫として生活している男性に貸し出し、妊娠するまで子作りに励ませるというのだから、開いた口が塞がらない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ