• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

kishu1951_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 医学が進み、そうした知識が一般大衆の間に広く定着した今でも、いわゆる“不妊”状態にある夫婦に対しては、あまりに酷い仕打ちが行われることもしばしばだ。そうした意味で言えば、かつて北関東の寒村で行われていたという“不妊男性”を対象に行われていたという“ある習慣”は、そうしたハラスメントが行われている当世の我々から見ても、あまりに無慈悲なものであると言えそうだ。


「なにせね、自分の血がつながった子供がいないばかりか、他人の子供を育てさせられるんですよ。当人からすれば、たまったものではないですよ」


 かつて、当たり前のように行われていたという“不妊男性”に対する仕打ちについてそう語るのは、この地で生まれ育ち、今なお暮らす元農業・加藤清三さん(仮名・88)。加藤さんの話によると、その昔、当地の不妊男性たちは、その生涯において、耐え難い精神的な苦痛を与え続けられていたのだという。


「まずね、どういう理由からなのかはわかりませんけどもね、ここいらじゃ、嫁をもらってもなかなか子供ができないとなると、その責任はすべて夫側にあるとされていたんです。だから、子供のできない家の嫁はね、同じ村で暮らしていて、既に子供がいる家庭の男とね、子作りをするしきたりがあったんです。そう、それを子供ができるまで続けるんです。相手を変えながら。本来の夫である旦那からすれば、苦痛そのものですよ」


 そもそも不妊状態であることの原因を、すべて夫である男性側のものとしている時点で、現代の我々からすればおかしな話と言わざるを得ないが、その挙げ句に、自分の妻を他の家庭で夫として生活している男性に貸し出し、妊娠するまで子作りに励ませるというのだから、開いた口が塞がらない。

関連キーワード

コメント

6:匿名2018年10月10日 19:18 | 返信

戸田はばかだな
ソースをはっきりさせろよこの野郎
書きゃあいいってもんじゃないぞ

5:匿名2018年10月 7日 22:02 | 返信

また、ありえない記事
戸田地獄へいけ

4:匿名2018年9月30日 07:57 | 返信

部落民の話か

3:匿名2018年9月30日 07:43 | 返信

昔、不妊の責任は100%女にあると考えられていたから
それは無い話だ

2:匿名2018年9月29日 20:30 | 返信

この人の妄想記事
ストーリー破綻してるよ

1:匿名2018年9月29日 18:46 | 返信

どの地方にそういう風習があったのか書いても問題ないんじゃないか?
地方名が伏せられているとフェイクニュースが単なるエロ話の域を出ないんだよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。