奇習! 少年少女たちの性行為で豊作を占う“珍行事”が実在した!? 初セックスと天狗信仰の謎=北関東

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

 世の中には実に珍妙なものを有り難がったり、崇めたりといったことがあるもので、過去に存在していたというそうした奇妙な行為や習慣を、現代の我々が見ると、その大半は、理解すらし難いものであることは言うまでもない。


「まあ、昔は今みたいにいろんな情報がある時代じゃなかったものだからね。今の人らかすると、なんでそんなものを有り難がってたんだ? っていうものは多いんじゃないかな(苦笑)」


 かつて北関東のとある地域で行われていたという、“珍妙なもの”を愛で、それを尊ぶ習慣について、当時を振り返りつつそう語るのは、現在も当地にほど近い農村で暮らしているというレタス農家・池田光雄さん(仮名・80)。池田さんの話によると、その昔、この周辺では、ある“おかしなもの”を珍重する習慣が存在していたのだという。


「このあたりじゃね、春になると、大きな神社の祭礼みたいなのがあってね。そのとき、子供同士で交わらせるっていう、おかしな儀式をやることになってたの。いや、さすがに今じゃやってないよ? けどもね、当時は毎年必ずそういうことをやってたものだよ」


 一般に、こうした祭礼などの際には、男根を模した“ご神体”を担いで町を練り歩いたり、子宝祈願や豊作祈願という形で、若い未婚女性たちをこうした“ご神体”に跨らせたりといった“チン妙”な行為が行われることも珍しくないが、あろうことか当地においては、性体験をしたことのない少年少女たちだけを選び、彼らのにとって“初めての行為”を行わせていたのだというから驚くばかりだ。

奇習! 少年少女たちの性行為で豊作を占う珍行事が実在した!?  初セックスと天狗信仰の謎=北関東の画像2画像は「Thinkstock」より引用

「もちろん、事前にね、大人たちからそれなりの“手ほどき”はされるんだけれども、なにせ色気づいてもいないような年頃の子たちだから、そうそう上手くいくものじゃない。けれども、上手くいけば“その年は豊作だ”ということになって、それはもう盛大なお祝いが開かれるわけ。だから子供たちとはいえね、とても重要な役割だったわけなんだよな」


 そもそもそんなおかしな行為を子供たちにやらせることで、その年の豊作を占うという時点で、我々からすれば理解に苦しむが、挙げ句、はからずも“上手くいった場合”に盛大に祝い、その子供たちを“神の使い”であるがごとく、地域全体で崇めるというから驚くばかりだ。


「まあ、このあたりじゃ、昔から天狗信仰があるから、そういう子供たちは天狗様の使いということになってたよ。しかも、だ。そこから1年間は、その子供たちの家に、毎月、近所の世話役が集めたお布施を持っていくことになっているものだから、子供たちはともかく、両親にとっちゃいい儲け話なんだよな」


 今でもなお、当地では農業が盛んではあるものの、さすがにこうした行事は姿を消して久しいというが、いずれにしかり、わけもわからぬままに大人たちから“初体験”を強要され、しかもそれをじっくりと観察されるというこの奇習、当の子供たちからすれば、なんともタマったものではない蛮行であったと言えそうだ。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

奇習! 少年少女たちの性行為で豊作を占う“珍行事”が実在した!? 初セックスと天狗信仰の謎=北関東のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル