• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【人工津波】香港を直撃予定だった「4つの巨大津波」が突然消失していた! 3.11の15倍の威力、気象兵器の可能性、学者もガチ困惑!の画像1
画像は「YouTube」より引用

 2003年4月18日、NASAの地球観測衛星「テラ」にとんでもないものが写っていたことがこの度明らかになった。

 英紙「Mirror」(9月13日付)によると、香港に向かう高さ500フィート(約152m)の超巨大津波が4つも「テラ」の衛星画像に捉えられていたというのだ! しかし、2003年に香港で津波被害があったという話はない。それというのも、この巨大津波は忽然と姿を消してしまったからだ……。

 なにもかもが異常だらけの事件だが、まず注目すべきは津波の高さだ。2004年のスマトラ島沖地震、2011年の東日本大震災では巨大津波が押し寄せ、多数の犠牲者を出したが、それでも津波の高さは10m~16m程度。その10~15倍の津波など想像することさえ難しいだろう。

【人工津波】香港を直撃予定だった「4つの巨大津波」が突然消失していた! 3.11の15倍の威力、気象兵器の可能性、学者もガチ困惑!の画像2
画像は「YouTube」より引用

 この事件を特集した科学ドキュメンタリー「What on Earth」に出演しているアリゾナ州立大学の気象学者ランディ・サーヴェニー博士も「異常に大きい津波」だと驚きを露わにしている。しかし、海洋写真家のマシュー・アルフォード博士によると、10m~15mの波でも十分大きいが、海上では2000フィート(約600m)もある波が発生することもあるそうだ。観測史上最高の津波は米・アラスカ州のリツヤ湾で1958年に発生した524mの津波。そう考えると150mを超える津波もあり得なくはないだろう。

 だが奇妙なのは津波が消えてしまった点である。普通の津波であれば、陸地に衝突するまで速度を増して進むはずだ。150mの津波が突然姿を消すことなどあるのだろうか? これには専門家も頭を抱えており、米・国防大学の軍事歴史家であるマイク・パベレック博士は、「テラの撮影機材にエラーがあった」と考えるほどだったという。しかし、「テラ」は定期的に状態がチェックされており、問題の画像を撮影した時も全ての機材は正常に作動していたことが分かっている。

コメント

5:匿名2018年9月17日 07:18 | 返信

トカナって、サイゾーやリテラと同じ会社だよね。
オカルト以外に普通の記事も扱うメディアなんだし、
ロシアの国防省に取材を申し込んでみてはどうだろう。
7月のトカレフ大佐の言葉もあるし、万に一つの可能性でインタビューに応えてくれるかもよ?

人工気象兵器については、大戦前から日本でも研究・実験をしてたらしい。
アメリカだけの話じゃない。
当然、ロシアやほかの国々も研究開発して実験を行ってる。
国連に気象兵器の禁止条約が作られたほどにね。
たぶん、秘密裏に他の研究(津波を打ち消す研究・発動した気象兵器をコントロールする研究)もしてるんじゃないかな?

さすがに・・一般市民は生きてるのがアホらしくなるレベルだ。
税金つかって人命や家屋、生活を大量に奪ってまで開発する気象兵器って、何なのかと。
一般人は政治家の食い物でしかない・・。

4:匿名2018年9月16日 22:13 | 返信

起こすのは爆弾として、どうやって消したっていうのよ

3:匿名2018年9月15日 21:06 | 返信

津波も雲も見分けがつかない専門家。
ほら吹き専門??

2:匿名2018年9月15日 17:33 | 返信

後付けならいくらでも出来る

1:匿名2018年9月15日 15:00 | 返信

モルダーあなた少し疲れてるのよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。