ジャニーさんの方から「例の件、聞きたいんでしょ」と言われ…! ジャニーズ事務所の影響力低下の実態を関係者暴露!

ジャニーさんの方から「例の件、聞きたいんでしょ」と言われ…! ジャニーズ事務所の影響力低下の実態を関係者暴露!の画像1※画像:SMAP

 ジャニーズ事務所といえば、昔も今もテレビ各局に大きなチカラを有する巨大芸能プロとの印象が根強い。しかし、昨今はタレントのスキャンダルなども表沙汰になるなど、影響力の低下も指摘されている。実際のところ、現在のジャニーズ事務所はどのような存在になっているのか、業界関係者に聞いた。

「たしかに以前のジャニーズ事務所はテレビやラジオ、映画や舞台などの世界で威光を放っていました。しかし、今も同様かといえば微妙な状況ですね。力が弱くなっているとは思いませんが、ジャニーズサイドの対応に以前とは明らかな違いが見えるようになっています」(テレビ局関係者)

 対応の違いとはどういうことか。

「やはりSMAP解散と近年の不祥事続きで、事務所としても方々に謝罪を繰り返しています。そのため、今はマスメディア各社への対応時の喋り方などが変わっています。特に社長のジャニーさんはかなり違いますよ」(同)

 トップ自ら対応を変えたということなのか。

「意識して変えているのかどうかわかりませんが、取材時の対応は明らかに違いますね。たとえば今までもコンサートの初日や舞台のゲネプロ時などはマスコミ取材に社長自ら応じてくれました。その際、事前に事務所スタッフからNG質問などが注意されていました。ただ、山口達也や小山慶一郎の不祥事が出てからは、そうした対応もなく、作品以外の事務所全体の問題などへの取材も解禁されています。また、初日以外でも自由に取材できるときもあります。場合によってはジャニーさんのほうから『例の件、聞きたいんでしょ』と話してくれることさえありますしね」(同)

 つまりは不祥事ネタも自分たちから話す対応に切り替わったようだ。一体どうしてなのか。

「記者も訝しがっていますが、ひとつは事務所の弱体化が明らかな原因だと思います。不祥事続きでスポンサー離れが顕著です。テレビやラジオはどうこうできてもスポンサーばかりはどうしようもないので、さすがに財務的にも痛手です。代理店にも営業に行かせるなど、これまででは考えられない動きもあります」(同)

 これまでは待っていれば自然とCMの依頼もあったが、今はそうもいかないようだ。

 さらに、ジャニー喜多川社長の対応が変わっているのは、もうひとつ理由があるようだ。

「いわゆる終活に入ったと見る関係者も多いです。もはや事務所の拡大より、現在所属しているタレントたちの今後を安泰にしてあげたいという思いが強く、これ以上不祥事を出させないことが最大の目標になっているんだと思います」(同)

 たしかに終わりを考える年齢を迎えているが、パワーある社長だけにどこか寂しい気もする。

「今はジュリーさんに意見を言っても無視されて終わるような状況です。事務所内で影響力が低下し続けているので、その愚痴を言いたい側面もあって記者の前で喋る機会が欲しいのかもしれません。世間では嫌われている部分もありますが、生粋の現場主義者なので記者やクリエイターからは好かれる人です。そのため、現状には同情する関係者も多いですよ」(同)

 ジャニーズ事務所をここまで繁栄させたのはたしかにジャニー喜多川社長に他ならない。社内で無視され、尚且つ不祥事続きとなれば記者に愚痴りたくなる思いも理解できる気がする。いずれにしても以前とは大きく対応が変わってきているようだ。

文=吉沢ひかる

吉沢ひかるの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ジャニーさんの方から「例の件、聞きたいんでしょ」と言われ…! ジャニーズ事務所の影響力低下の実態を関係者暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル