• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
takizawa.jpg

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、後継者として滝沢秀明を指名したことが、大きな波紋を呼んでいる。滝沢は経営面にはタッチせず、ジャニーズJr.の育成や舞台演出というジャニー社長が一手に担ってきた仕事を受け持つというが、事務所内にメリー喜多川、藤島ジュリー景子副社長親子に対抗する新たな軸ができたということは間違いない。現在、デビュー組はジュリー副社長が見ているが、さっそく滝沢派に乗り換えると言われているのが、Kis-My-Ft2だ。

 滝沢の年内引退、ジャニー社長の後を継いで裏方専念というのは美談としてジャニーズと懇意の大手メディアで喧伝されているが、物事には表があれば裏もある。「ジャニーさんとジュリーさんは叔父と姪という親戚だが、今の関係は決して良好ではありません。ジャニーさんはジュリーさんの手腕を信用しておらず、派閥争いに敗れて追い出された元SMAPマネージャーの飯島三智氏の方を買っていたのは有名な話。King&Princeがデビューする時も、ジャニーさんとジュリーさんの間で揉め事がありました」(テレビ局関係者)

 ジャニー社長は、メリー、ジュリー親子の根城となっている新しい乃木坂の事務所に移っていないことから見ても、その関係性が分かるだろう。現在のジャニーズは、ジャニー派、メリー・ジュリー派と新たな派閥ができているのだ。そのジャニー派の跡継ぎとして滝沢が名乗り出たのだから、派閥争いの激化が危惧されるのは当然だ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年9月15日 14:56 | 返信

Kis-My-Ft2はI氏が育て舞祭組は中居君がプロデュースしたグループ
滝沢なんかに寝返りをうつはずはないと信じる❗

1:匿名2018年9月15日 12:47 | 返信

ジュリーは社長になるわけで派閥(笑)なんてねーよタコw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。