• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「Thinkstock」より引用

 I県の某住宅街の裏手には、大きな公園と大きな湖があります。その公園ではバードウォッチングができるようで、野鳥観察小屋もあるようです。また駐車場も併設されていることから、近隣の住民だけではなく、多くの方がこの公園に訪れる事ができるようになっています。公園内は遊具などがあるわけではなく、ハイキングコースといった雰囲気で何コースにも分かれた遊歩道があり、公園の奥には湖を眺める事が出来る展望台まであります。

 そんな住宅街の一角にある公園ではかつて悲愴なる事故がありました。

 その昔、婦女暴行の被害にあった女性がその湖にて入水自殺をしました。さらに、その恋人であった男性も同じ湖にて追っかけ自殺をした、という事故です。

 それからというもの、湖周辺や公園内では、1人で泣く女性の姿や、彷徨う男性の姿が目撃されるようになりました。

 そこで、私はこの公園と湖を相棒のスマイル君とともに訪れてみる事にしましたが、実は、今回の探索はある意味イレギュラーな出来事でして、本来は全く別の心霊スポットに行く予定でした。ところが、目的の心霊スポットが取り壊されなくなっていたために、代案として訪れた場所であります。

 我々は、駐車場に車を停め、公園入口に向かいます。

 駐車場は当然ながら貸切です。真夜中ですから……。

 確かに、住宅街の公園と言うには規模が大きいです。ハイキングコースなんか全コースをハイキングしたらどれだけ時間がかかるのやら……。まずは、公園奥にある展望台を目指します。そして、この公園にはちょこちょこ街灯があり、探索に懐中電灯は必要ありません。

コメント

4:匿名2018年9月27日 04:56 | 返信

自殺は事故でしょうか?事件なんじゃないですか?
日本語もっと勉強しろ

3:匿名2018年9月26日 16:21 | 返信

どこを調べても、こんな事件はなかった。
東スポ並のネタですねw

2:匿名2018年9月26日 15:59 | 返信

後追い自殺は言うけど、追っかけ自殺って表現は初めて見た(笑)

1:きせん法師2018年9月25日 21:58 | 返信

追っかけ自殺なんて言葉、初めて知った

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。