【心霊スポット】茂みの中から“自殺した男女の霊”が向かって来て…! “I県の湖畔”で起きた恐異体験とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

画像は「Thinkstock」より引用

 その時、「あっ……あっ……あっ……」と、「あ」を連呼したのを覚えています。私から見て右側の茂みの中から黒い人影が2つこちらに向かって歩いてきます。当然、スマイル君も確認していますが、恐怖のあまり硬直状態です。黒い影は徐々にこちらに接近してきます。よく考えると、茂みの向こうは湖です。自殺した男女の霊がこちらに迫ってきています。

 そして、ついに5メートルくらい手前まで来ました。やがて黒い影は、若い男女の表情さえもハッキリ見られるようになりました。

 スマイル「こんばんは~」

 と、スマイル君が声をかけました。すると、黒い影からも「こんばんは~」と返ってきました。

「えっ」

 幽霊ってしゃべるの?

 そのまま2人の男女は我々の前を通り過ぎ、公園出口の方へ歩いて行きました。2人は手をつないでいました。どうやら若いカップルだったようです。紛らわしい……。

 我々は、超絶に安堵しました。

 私「ビビッた……」

 スマイル「思わず挨拶しちゃったけど、返ってこなかったらどうしようかと思ったよ……」

 そして、公園自体は大したことないけど、最後に刺激の効いたスパイスがあったね。なんて会話をしながら、車を停めた駐車場へと戻ることにしました。

 公園内の帰り道に気が付いたことですが、10数メートル先を歩いている若いカップルを見ることはありませんでした。我々も少々走ったりしましたが、見つけることが出来ませんでした。そもそも、真夜中に若いカップルが湖のほとりの茂みから歩いてくるでしょうか?

 さらに、駐車場には我々の乗っていた車しかありませんでした。いくつもの複雑な状況が重なり合って起きた事なのか? それとも、見ちゃったのか? 話しかけちゃったのか?

 それはわかりませんが、1つ言える事は、2人は手をつないでいました。

 これが霊であろうと、なかろうと2人は幸せなんだな~と感じる事が出来ました。そう考えると、私には恐怖という感情が芽生えませんでした。

(文=タケル常務)

コメント

4:匿名 2018年9月27日 04:56 | 返信

自殺は事故でしょうか?事件なんじゃないですか?
日本語もっと勉強しろ

3:匿名 2018年9月26日 16:21 | 返信

どこを調べても、こんな事件はなかった。
東スポ並のネタですねw

2:匿名 2018年9月26日 15:59 | 返信

後追い自殺は言うけど、追っかけ自殺って表現は初めて見た(笑)

1:きせん法師 2018年9月25日 21:58 | 返信

追っかけ自殺なんて言葉、初めて知った

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。