体内で骨がゆっくり消えゆく奇病「ゴーハム病」 ― 原因は完全不明、遺伝でもなく… まさに生き地獄ノ病状とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 人間の骨は頼もしい。身体全体を支えるだけの強度を持ちながら、たとえ骨折しても適切な処置をすれば時間の経過とともに元の状態に戻ってくれる。だが、これには“健康な骨の持ち主なら”、という但し書きがつく。もし、自分の骨が身体の中で溶けてなくなるとしたら――現実を直視できるだろうか。


■骨がゆっくりと溶ける「ゴーハム病」とは

 スコットランドにある「Royal Infirmary of Edinburgh(エディンバラ王立診療所)」を、ひとりの女性(44歳)が受診に訪れた。しばらく前から左肩に痛みを感じるようになったからだった。MRIで検査したところ、上腕骨に病変が見つかり、その部位からがんが疑われたため、すぐに生検に回されたという。しかし、診断結果が今ひとつはっきりしない。

gorhamstoutdisease1.JPG
Oddity Central」の記事より

 医師たちは困惑したが、病名のつかないまま1年半が過ぎた。その間にも病状は悪化の一途をたどり、女性患者は腕の痛みや腫れを訴え続けた。あるとき、肩口に小さなコブができていることに気づき診察してみると、なぜか骨折していたという。

 だが18カ月後、突如として病名が判明。医療チームが彼女のレントゲン写真をつぶさに検証し、ある驚異を発見したのだ。なんと、患者の上腕骨と尺骨が、レントゲンを撮るたび徐々に細くなっていく――ゴーハム病だった。

gorhamstoutdisease2.JPG
Oddity Central」の記事より

 別名「Vanishing Bones Syndrome(大量骨溶解症)」は、その名の通り、体内にある骨組織が溶けてゆき、線維性組織と拡張した壁の薄い血管に置換される奇病だ。きわめて稀な疾患であり、日本では平成27年7月1日から指定難病に登録されている。発症の原因はまったくわかっていない。ただ、遺伝性は認められないという。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年9月24日 04:36 | 返信

天然痘は研究を目的に保存してるだけで、1980年に公式に撲滅宣言出てるよ
保管が杜撰で問題にはなってるけどね

1:匿名2018年9月22日 15:10 | 返信

天然痘は、アメリカだったかウイルス保有してるから撲滅ではないですよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。