• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ハリケーン

,

幽霊

,

灰色の男

,

米国

 今月14日、米国東海岸にハリケーン・フローレンスが上陸、記録的な大雨による洪水などで少なくとも32人が死亡する大災害となった。そんな中、現地ではハリケーンの上陸に先立って現れた伝説の幽霊を複数の住民が目撃したとして話題となっている。英「Daily Mail」など多数メディアが報じている。

0919grayman-1.jpg
イメージ画像は「Thinkstock」より引用

■「灰色の男」の伝説

 サウスカロライナ州ジョージタウン郡東部、大西洋に面した町ポーリーズ・アイランドには、嵐の前に現れる幽霊の伝説が存在する。その幽霊「灰色の男(The Gray Man)」は200年以上前から目撃されており、ノースカロライナ州で最も有名な幽霊なのだそうだ。

 伝承によると、灰色の男は恋人をこの町に残したまま、旅の途中で死んでしまった若い男性の幽霊であるとされる。以来、大きな嵐がおとずれる前にポーリーズ・アイランドの海岸に現れては、海から離れて避難するよう住民に警告を与えるのだという。一説によると灰色の男の姿を見た人は危険から守られるといい、警告を聞き入れて避難した住民の家は被害を受けないという言い伝えもあるそうだ。このため、灰色の男は住民を守る良き幽霊として、地元の人々に長く親しまれてきた。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年9月24日 00:47 | 返信

確かに、なんで急にズームするのか都合良すぎ

2:匿名2018年9月20日 12:18 | 返信

× 非難
○ 避難
記事を訂正しておくように。

1:匿名2018年9月20日 11:28 | 返信

随分と都合よくズームアップされたもんだな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。