• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ロシア連邦そしてヨーロッパの最高峰であるエルブルス山(標高5,642メートル)でミイラ化した女性の遺体が、山を訪れていた観光グループにより発見された。カチカチに凍った深い氷の中に埋もれており、遺体の様子はまるで“蝋人形のよう”だったという。

femalemountaineer1.JPG
Daily Mail」の記事より


■31年前の登山パーティーの遺体を発見

 遺体は31年前に雪崩に巻き込まれて行方不明となった登山パーティー「レーニン・ツーリストグループ」のひとり、エレナ・バシイキナさんと思われ、救助隊により標高4,000メートルの発見場所から慎重に麓まで搬送された。

femalemountaineer2.JPG
Daily Mail」の記事より

 エレナさんの所持品には、1987年4月10日付のモスクワからリゾート地で有名なミネラーリヌィエ・ヴォードイ行きのアエロフロート・ロシア航空のエアチケットがあり、まだ崩壊前であった当時のソビエト連邦(USSR)パスポートも一緒に見つかったという。

 今回の発見を受けてロシアスポーツ・観光連盟のヤロシェヴスキー副会長は声明で「1987年の事故直後と翌年にも捜索が行われたが、何も発見することができなかった」と語っており、エレナさんが遭難パーティーの中で最初に発見された人物となる。

 エレナさんは当時36歳で結婚歴はなく子どももいなかった。モスクワの科学研究所に勤務しており、性格は快活でロマンチックかつエレガント。何よりも山をこよなく愛していた、と友人のナジェージタさんはエレナさんを懐かしむ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年9月22日 21:55 | 返信

赤いのは血?衣服か?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。