SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… “ジャパニーズフェチ”が人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポート

■“エロス”の概念を揺るがすフェチアート

SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… ジャパニーズフェチが人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポートの画像7ゆかなのおへや(@Yu_Kana2151
SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… ジャパニーズフェチが人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポートの画像8SWEETRUBBERBERRY(@SRB_GENk

 フェチフェスに集うアートは、一般的な“エロス”の概念を揺るがす力作ばかりだ。「えろすとかわいい。」をテーマにした女の子のイラストが並んでいるのは「ゆかなのおへや」。クリエイターの結果奈は、幼さの残る女の子のあられもない姿をイラスト化する。一方、「SWEETRUBBERBERRY」ブースに並ぶ女の子たちは血まみれだ。イラストレーターのゲンキは、ホラーやオカルト、スプラッターと美を融合させた画風でファンを魅了する。女性の描き方にアーティストの個性や感性が滲み出ているのだ。

SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… ジャパニーズフェチが人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポートの画像9SUNGUTS FACTORY(@SUNGUTS
SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… ジャパニーズフェチが人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポートの画像10asagomi.333(@yabukareMF

 表現方法もさまざまだ。「SUNGUTS FACTORY」の制作するソフビは、緊縛やガスマスクといったフェティッシュなモチーフをデフォルメして表現する。ソフビ特有の光沢や手触りが、イラストとは異なるエロスを醸し出す。一方、「asagomi.333」は、お尻や手足などの人体をモチーフにしたマグネットやキーホルダーに制作販売。視覚的インパクトの強い作風が人気を集めている。

SM、ゼンタイ、特殊メイク、地下アイドル… “ジャパニーズフェチ”が人気急上昇中! 満員御礼の『フェチフェス14』レポートのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル