• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1809_fusyoji_01.jpg
画像は、「田辺エージェンシー」公式サイトより

 人気商売である芸能界では、ちょっとした不祥事も命取りになるが、幸か不幸か不祥事が世間にスルーされた芸能人も存在する。

●タモリ

 話題性抜群のはずなのに完全スルーされてしまったのが、タモリ(73)と脚本家・中園ミホとの不倫疑惑。

 今年8月の『週刊新潮』(新潮社)がスクープしたのは、変装して中園のマンションに入るタモリの姿。2014年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了した際には妻と仲睦まじく旅行に出かける姿も報じられていたタモリだけに、驚きの声が続出した。

 3月には、ビートたけし(71)の事務所移籍問題や愛人の存在が報じられ、「大物芸人では所ジョージしか信頼できない…」との声も。ちなみに中園は、1997年に制作された伝説の不倫ドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)の脚本を担当している。今回は、不祥事が何故か大事にならなかった芸能人たちを紹介しよう。


●マギー

1809_fusyoji_02.jpg
画像は、「マギー」公式インスタグラムより

 「不倫したのに世間ではスルー」といえば、大人気バンドHi-STANDARDのボーカル・横山健(48)との不倫が報じられたモデル・マギー(26)。2016年の「ベッキーゲス不倫」に始まった不倫報道全盛の昨年1月に、『FRIDAY』(講談社)が不倫をスクープ。しかしテレビではほとんど報道されなかった。

 松本人志(55)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「マギーの話がしたい」と発言した際に東野幸治(51)が「怒られそう」と言って制するなど、何か裏のありそうなスルー具合。本人は最近、格闘家の武尊(27)との熱愛が報じられているが、「不倫の火消しじゃないの?」「世間の目をそらそうとしてるでしょ」と疑う声も少なくない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。